2018年 5月 記事一覧

by ogawa ogawa クライアント事例

親子関係が逆転していると結婚がうまくいかない理由

こんばんは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。

 

 

《お知らせ》
2018年7月21日より、
新しいグループトレーニングを
スタートいたします。
同時に、
継続個人セッションの内容も
バージョンアップされます。

新しいグループトレーニングや
継続個人セッションの詳しい内容については、
来週以降に、改めて公開いたしますので、
是非楽しみにしていてください。

 

 

 

 

先日、youtubeで、
辺見えみりさんが『オーラの泉』に
出演した際の動画を観る機会がありました。

 

当時の辺見えみりさんは、
お笑い芸人の木村祐一さんと離婚した後、
まだ再婚はしていないという
タイミングでした。

 

その際、
江原さんがズバリ、

 

「お母さんがあなたの娘になっていて、
あなたがお母さんのようになっている」

「それでは結婚は上手くいかない」

 

と指摘した場面がありました。

 

皆さん、
なぜ娘が母親になって、
母親が娘のようになると
結婚が上手くいかなくなるのか
その理由はわかりますか?

 

実は私の仕事のほとんどは、
この逆転している親子が
本来の居場所に戻るプロセスを
導いていくためのものです。

 

私のクライアントの皆さんが
一番望んでいる結果は、
自分に相応しいパートナーと出会い、
更に、
出会ったパートナーとの愛と絆を
深め合いながら、
お互いがしあわせに満たされ合う
結婚生活を送ることです。

 

この
『自分に相応しいパートナー』って、
一体どこにいるのでしょうか?

 

パーティー会場?
結婚相談所?
知人の紹介先?
職場?
とにかく人が集まる場所?

 

大抵の場合は、
場所や紹介してくれる相手のことを
イメージしがちになりますが、
そこは単なる手段であって、
実は何でもいいんです。

 

それより何より重要なことは、

 

『本人自身が、
自分の人生の居場所にいること』

 

です。

 

自分に相応しいパートナーは、
本人自身が『自分の人生の居場所にいるからこそ』
気付くことができるものであって、
それ以外の場所にいる時は、
どんなに物理的に異性と出会っていても、
『パートナーとして出会う』ことができません。

 

だから、出会った相手が、
『結婚相手として相応しいのか?』が、
分からないのです。

 

一番、混同が起きやすいのは、
本人自身が無意識の内に、
親にもらえなかったものを
パートナーに求めている時。

 

当然、
パートナーは親ではないので、
相手はどうやってもその欲求を
満たすことはできません。

 

そこで本人が、
自分の人生の居場所に戻って、
そこにあるものを感じる力を取り戻していくと、
パートナーに対して『理想の親』を求めることはなくなり、
今まで感じられなかった既に受け取っていたものに気付き、
お互いに対する愛と絆を深め合うことができます。

 

が、
本人が自分や家族と向き合うのではなく、
「私の欲しいものをくれない相手が悪い」
という風に、
頑として自分を変えない時、
そのままの状態で相手といくら話し合ったり
向き合ったとしても、
前向きな解決は得られないどころか、
お互いの気持ちは離れていくばかりです。

 

逆転親子になっている子供は、
本人に自覚がある無しに関わらず、
「親を支えているのはこの私だ」
「私がいなければみんな困ってしまう」
という幻想の世界にいるので、
過剰なほどに自分で自分を重要な存在だと
思い込んでいます。

 

言うなれば、
『自分への期待値が高すぎる』ため、
その期待に満たない現実とのギャップに
必要以上に苦しみを感じてしまうのです。

 

例えば、
誰かからのメールの返事1つでも、
自分が思っていた内容じゃなかった
というだけで馬鹿にされたとか
侮辱されたと怒り出します。

 

自分はもっとスゴイ人間なのに、
こんなに頑張ってるのに
こんなに自分を犠牲にしているのに
どうして誰も分かってくれないのか?と。

 

そんな状態で、
パートナーの気持ちを
相手の立場になって考えたり、
自分から与えていこうなんて
思う余裕が無いのです。

 

仮にそうしたいと思っても
なぜか行動に移すだけの
『力』が湧き出てきません。

 

では、
自分がしたいと思ったことを
素直に行動に移す『力』は一体、
どこから出てくるのか?

 

その仕組みを学び、
体験を通して、
自分の人生で実践するための機会が、
継続セッションやワークショップです。

 

一足先にそれをスタートされた
30代女性クライアントMさんから
いただいた喜びのご報告を、
今日のまんまる語録でご紹介いたします。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【今日のまんまる語録 Vol.275】

「ちゃんといてくれました。」

≪サチコメント≫

これからご紹介する
30代女性クライアントMさんは、
3年前に愛され姫セミナーを受講した後すぐ
オリエンテーションを受けられ、
その2年後に継続個人セッション
(まんまる式メンタルトレーニング)を
スタートされました。

 

トレーニング開始時は、
『パートナーは欲しいけど、
「結婚したい」と素直に言えない(思えない)』
という状態でしたが、

 

継続的なセッションを通して、
自分の本心と向き合う基礎体力を
育んでいったMさんは、
その後、
距離を縮めようとしてくれる男性達との
ご縁を引き寄せていきます。

 

更にそこで、

 

『男性に対して壁を作ったり、
言わなくてもいいキツイ言葉を返してしまう』

 

という衝動的な自分の癖に対して、
それがなぜなのか?
どこから来ているのか?
前回のファミリー・コンステレーション
1dayワークショップ
に参加し、
より深い部分に隠れていた自分の姿と
直面していきました。

 

その後、
ワークショップから2週間強が
経過した今朝、
Mさんからいただいた
最新のご報告がこちらです。

 

↓    ↓    ↓

 

=========ここから==========

 

週末に、
お誘いを保留にしてた方とお会いして、
その時、告白をされました。

 

彼も私も付き合うならこういう関係でいたい、
などたくさん、
お互い自分でもびっくりするくらい
本音で夜中まで話し合った結果、
お付き合いする事になりました。

 

継続セッション中に見つけた
「こういう人と結婚したい」
条件に全部当てはまった方でした。

 

それに気づいた時はもう泣きました。

 

そんな人はやっぱりいないのかなと、
思ってしまう時もありましたが、、、
ちゃんといてくれました。

 

今までの自分だったら
すぐに拒絶してお断りしていたと思います。

 

同じ会社の方なのですが、
今までは周りからどう思われるかとか、
もし別れたら面倒そうと思い、
同じ学校や会社の人は
有無を言わさず対象外にしていました。

 

ファミリーコンスレテーションの働きかけで、
自分ではっきり、
今まで男性(彼)に対して
父親にしてもらいたかった事を求めていて、
その人自身をちゃんと見てなかった事が
しっかり体感できた事がとても大きかったです。

 

もう色々ご報告したい事があるのですが、
取り急ぎお礼のご連絡をさせていただきました。

 

本当にありがとうございます。

 

30代女性 Mさん

 

=========ここまで==========

 

 

 

~まずは目の前の導きを受け取ろう
【ファミリー・コンステレーション
  1dayワークショップ 6/16(土)】
~なぜパートナーや家族から
 本当に望むものを受け取れないのか?~
https://www.reservestock.jp/events/264780

 

 

 

〜最新コラムはこちらから〜

*無料メルマガ【まんまる通信】

https://www.reservestock.jp/subscribe/287

 

 

 

 

*個別のご相談はこちらから

 

by ogawa ogawa クライアント事例

嫁姑間で見失われやすいこと

こんにちは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。




~急遽開催が決定しました!
【ファミリー・コンステレーション
  1dayワークショップ 6/16(土)】
~なぜパートナーや家族から
 本当に望むものを受け取れないのか?~
https://www.reservestock.jp/events/264780








『パートナーシップ』
と一言で言うと範囲が広いですが、
ご本人が今現在どんな状況にいるのか?
によって、
相談内容は全く変わります。




そして、
それらの状況は、




1、シングル
2、カップル
3、夫婦




大きくこの3つに分かれます。




シングルやカップルの事例は、
過去にもたくさん取り上げていますので、
今日は『3、夫婦』について、
取り上げていきます。





~嫁姑問題で見失われやすいこと~




結婚前のカップルにとっては
そんなに大きな影響は無くても、
夫婦になると何かと影響が出てくる問題、
それが『嫁姑問題』です。




夫のことは好き。




夫との間に生まれた子供は
もちろん大好き。




だけど、
夫の親(特に姑)はどうしても無理。。。




そんなご相談を受けることがあります。




もしかすると、
まだ結婚をしていない方や、
パートナーがいない方の中にも、
子供の頃に嫁姑の険悪な関係を見ていて、
(ああなるのは嫌だな)という不安や
恐れを感じている方もいるかもしれません。




今日ご紹介するのは、
前回のファミリー・コンステレーション
1dayワークショップに参加された50代女性Mさんが、
その後の変化としてシェアしてくださったご報告です。



  ↓     ↓     ↓



=========ここから===========


姑と舅が心の病気のため、
被害妄想が激し過ぎて、
今までは関わり合いたくない
と思っていました。



それが、
先日の1dayワークショップ
ガラッと変わりました。



今は自然と、


「夫がいるのはお義父さんとお義母さんのおかげ、

 息子がいるのはお義父さんとお義母さんのおかげ」


と思えて感謝を感じます。



自分から連絡を取ることも
全く抵抗を感じなくなりました。



本当に嫌っていたので、
自分でもビックリしています。



相手のパートナーを愛すれば愛するほど
学んだことの深みが増すワークショップでした。



=========ここまで===========



ご報告をありがとうございます。



今回、Mさんが気付いた

「夫がいるのはお義父さんとお義母さんのおかげ、

 息子がいるのはお義父さんとお義母さんのおかげ」

これらは本当に当たり前のことなのですが、
日常の中ではスッポリ抜け落ちてしまうことが
多々あると思います。



また、


「私がいるのはお父さんとお母さんのおかげ」


こう言われた時に頭では分かるけど、
体がどうしても拒絶反応を起こしたり、
素直に感謝を感じられなかったりすることも
あるかもしれません。



1dayワークショップでは、
私たちが今なぜそうなっているのか?
という部分を体験を通して学んでいきます。
(「親のせい」ではありません)



私たちの存在は、
半分はお父さんの人生、
もう半分はお母さんの人生があって、
初めて生まれたもの。



自分自身を半分ずつ
構成しているルーツを否定したり
「ああなりたくない」と、
忌み嫌っているということは、
そのまんま自分を
否定しているのと同じで、
無意識の内に、
本当に望む幸せを
拒絶する人生につながります。



そのつながりに気付き始めた方も、
今初めて聞いたという方も、
言葉だけではどうしても伝えきれない
真相を是非学びに来てください。



~急遽開催が決定しました!
【ファミリー・コンステレーション
  1dayワークショップ 6/16(土)】
~なぜパートナーや家族から
 本当に望むものを受け取れないのか?~
https://www.reservestock.jp/events/264780

 

 

 

*個別のご相談はこちらから

 

 

〜最新コラムはこちらから〜

*無料メルマガ【まんまる通信】

https://www.reservestock.jp/subscribe/287

by ogawa ogawa クライアント事例

【開催報告】ファミリー・コンステレーション1dayワークショップ(5/12)を開催しました

こんにちは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。

 

 

先週末の土曜は、
ファミリー・コンステレーション
1dayワークショップ
を開催しました。

ご参加・ご協力いただきました皆様、
日頃お世話になっている皆様、
いつも応援してくださっている皆様、
本当にありがとうございました。

 

 

 

 

f:id:officemanmaru:20180515142057j:plain

今回は、日頃私と一緒に、
システミック・コンステレーション
日本の歴史を学んでいる仲間の教員男性が、
『命のバトン』についての
特別授業をしてくださいました。

素晴らしい授業をありがとうございました。

 

 

『命のバトン』とは、
私が現在、オンライン歴史教室Learn Japan
日本の歴史を学んでいる齋藤武夫先生の作られた授業です。

 

 

f:id:officemanmaru:20180515142117j:plain

「この場に居られるだけで有難い」と
率先して協力してくださる仲間には
毎回感謝でいっぱいです。

 

ありがとうございました。

 

 

今回も参加者やサポーターの皆様から、
帰宅後それぞれのタイミングで
寄せていただいた感想メッセージを
少しずつご紹介していきます。

 

↓    ↓    ↓

 

 

仕事も恋愛も長続きしないリセット癖や、
 罪悪感が強くて受け取り下手な自分を手放して、
 目の前の人や物事から
 素直に受け取ることができるようになり、
 自分の選択に心から納得して、
 責任を持って生きていきたい。
 長く幸せな関係を築ける自分になって、
 適した仕事や結婚相手と出会いたいと思い、
参加しました。

 

 前回、代理人として参加させていただき、
 ファミリー・コンステレーションが
 どういうものかという予備知識や
 自分自身の体験があったはずなのに、
 今回働きかけ枠で参加させていただいて、

 「代理人の皆さんは、
  説明してないことまで
  どうして分かるんだろう!?」と

 このワークの不思議さに改めて驚きました。

 代理人としての参加、
 働きかけ枠での参加、
 どちらが良いということではなく、
 受け取るものが違うと感じました。

 自分の望むことを明確にしたり、
 心の準備をすることもできたので、
 私個人としては、
 代理人として参加→働きかけ枠参加の流れで
 良かったなぁと思っています。

 

 実際に働きかけを受けて、
目が覚めた想いです。

 

 代理人の皆さんを通して、
 自分の問題や感情を外側から見ることで、
 ようやく腑に落ちた気がします。

 

 そして幸いにも、
 両親から何かを直接受け取ることのできる機会が
 まだあるということ、
 今このタイミングで気付けたことが、
 本当にありがたくて、とても幸せです。

 

帰宅して母を見た時に、
私の思い込みかもしれないけれど、
なんだか芯が強くなったような印象を受けました。

 他者との関係性においても、
 自分自身の気付きや学びの場においても
 自分で自分の心を整えていくことが近道というか、
 一番大切なことなのだと感じました。

 

 今まで、いろんな講座やセッション等で
 自分と向き合ってきたつもりでしたが、
 その角度は思い至らなかったです…!

 

 それぞれのコンステレーションはもちろんのこと、
 命のバトンのお話も素晴らしかったです!

 

 色んな人の力を借りて、
 自分の問題と向き合う、
 それこそが、
 身の丈の自分を認める一歩でもあるのですね。

 

 あの場に居てくださった皆さん、
 本当にありがとうございました。

             30代後半女性 Eさん』

 

 

 

 

『幸子さんのオリエンテーションを受け、
 一度ワークショップに参加したいと感じていました。
 ファミリーコンステレーションには
とても関心をもっていました。

 

 自分自身の何か「満たされていない」感覚が
 家族との関係にも大きく影響していることは
 以前から感じていましたが、
 今の自分のテーマは結婚で、
 そのテーマなら幸子さんのワークショップを、
 と思いました。

 

 濃い、本当に、濃い一日でした。
 ワークショップの流れも瞑想も
 自分にとっては想像以上でした。

 また、
グループでのワークだったことで
 皆さんのお力もお借りして、
 実際に父と母に「抱きしめてもらう」
 皮膚を通しての感覚が体験出来たことが、
 本当に特別な体験でした。

 

 ずっと、
 本当はこうしてもらいたかったのだと気づきました。

 

 自分が感じてきた苦しさを見つめたいと思って
 セラピーとか色々なツールを学んできて、
 随分楽になってきましたが、
 それでも多分どうしても超えられなかった一線を、
 今回のワークショップでは皆様のお力をお借りして、
 超えられたようなそんな体験ができました。


 他の参加者のみなさんのテーマにも
 自分のこととして取り組めたことで
 自分では気付いていなかった思いや
気付きをいただくことができました。

 

 感謝の気持ちで一杯です。

 

 また命のバトンの授業では、
 最初本当に「受け取れない」感覚がはっきりとありましたが
 授業と自分がして頂いた働きかけを通して2日経った今日、
 命のバトンの脈々と続いてきた流れを思い出すと、
 自分が素直にそこにいてもいい、いられる、ありがたい、
 という思いが出てきます。

 

 自分の「居場所」を、
 安心して感じることのできる喜びを感じ始めています。

 

 OSHO瞑想は実はずっと気になっていて、
 今回思いがけず体験できてすばらしかったです。

 
 1時間の瞑想を通して、
 エネルギーを感じたり心のままに、
 動きたいままに身体が動く感じ、
 その動きが身体を巡る感じ。。
 そういった体験ができてとても嬉しかったです。

 

 幸子さん、サポーターのみなさま、
 参加者のみなさまに本当に心から感謝いたします。
 有難うございました。

               40代前半女性 Nさん』

 

 

 

 

パートナーが欲しいのに
距離を縮めようとしてくれる男性が
来ると引いてしまう、

 

 そして反射的に
言わなくても良いキツイ言葉を
返してしまうので、
 どうやったら自分で壁を作らず
一旦受け止めて
返答できるようになるのか
知りたかったため参加しました。

 

働きかけを受けて、
 今まで男性に甘えたくても
甘えられなかった背景が
私の中で腑に落ちた体験が
とても大きかったです。

 

 全体を通して、
自分の命の尊さについて
改めて深く考えさせられました。

 

 命があるだけでなく五体満足なのに、
 周りと比べて自分に足りないと
 思うものを沢山欲しがって
 苦しくなっていた原因も納得しました。

 

 参加して良かったです。
あの場にいた皆様に
改めてお礼を言いたいです。

         30代前半女性 Mさん』

 

 

『参加の動機は、
 パートナーシップに主軸を置いた
家族の座に参加したかったからです。

 

私にとって特に重要だった体験や学びは
 4回の座の内、
 2回、本人の代理人をさせてもらったことでした。

 

 抱えているテーマが自分と近く、
 特に4回目の働きかけに関しては
自分の現状とシンクロする点が多く、
 自身のパートナーシップにおいて、
 今後のスタンスのヒントがありました。

 

 また命のバトンについての理解深耕は、
 日本人として生まれ、
今日本人として生きること、
 伝統を守りながら必要な変化に
対応していくことに
 目を向けることができました。

 

 個人のテーマはバラつきがあるように見えて、
 根本では参加者全員に共通するテーマで、
 同じタイミングで出会い集っていることの
意味性を感じました。
終日、有意義に過ごさせていただきました。

 

 参加前は、
 今お付き合いしている彼との今後を
悩んでいましたが、
私は今の彼と向き合いたいなと思いました。

 

 その結果、
 結婚や出産に繋がるかは
今はまだわかりませんが、
 瞑想の講義の教えも踏まえて、
 関係性を早期にジャッジしないように
してみたいと思いました。
 ありがとうございました。

           40代前半女性 Sさん』

 

 

 

 

『私も将来ファシリテーターになりたいので、
その勉強のためと、
 働きかけを受けたいと思ったので
 参加しました。

 

 今回、他の方の働きかけで
 代理人をさせていただいた役を通して、
自分の家族の気持ちへの理解が深まったと同時に
 もっと自分でも歴史を調べていこうと思いました。

 全体的にとても良い構成だったと思います。
 「命のバトン」も良かったし、
 幸子さんのファシリテートもとても素晴らしく、
 感動いたしました。

 

 何か上から降りてくる感じで、
 言葉をお伝えしていたのが印象的でした。

             50代前半女性 Mさん』

 

 

 

 

『サポーターとして参加しました。
 今日持ち帰ったことは、
一人で抱え込まない、ことでした。

 

 もう一つは
母親との関係に
フォーカスしてみたいな
と改めて思いました。

 途中のデモワークが興味深かったです。

          40代前半男性 Jさん』

 

 

 

 

『サポーターとして参加しました。
 パートナーシップについて
私の興味が大きいので、
 それに絡めての解説を
随所で聞くことができ、
大変有意義な時間を過ごせました。

 

 代理人としての体験は、
俯瞰して物事をみる訓練としても
貴重な機会となっています。

 

 自分が過去に経験したワーク中に体験したことを
 あらためて別の視点で学ぶことができました。

 みんなでおこなう瞑想も、
とてもよい時間でした。
ありがとうございました。

       40代後半女性 Mさん』

 

 

 

 

皆様、
ありがとうございました。

 

 

また後日、
その他のご感想やシェアなども
ご紹介していきたいと思います。

 

 

なお、
ファミリー・コンステレーション
1dayワークショップの開催は、
次回は2018年7月21日(土)です。

https://www.reservestock.jp/events/264780

 

 

7月以降は、
参加者が入れ替わる単発参加だけではなく、
同じメンバーで継続的に体験と学びを
深めていきたい方々のための
パートナーシップに主軸を置いた
実践グループトレーニングもスタートします。

対象者は、
『運命のパートナーに出会いたい方』
『出会った相手との絆を深めたい方』
です。

 

 

ご案内は改めてメルマガにて
お送りいたします。

皆様、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

*個別のご相談はこちらから

 

 

〜最新コラムはこちらから〜

*無料メルマガ【まんまる通信】

https://www.reservestock.jp/subscribe/287

by ogawa ogawa ブログ

夫の激変

こんにちは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。









~1席のみ空きができました~
【ファミリー・コンステレーション
  1dayワークショップ 5/12(土)】
~なぜパートナーや家族から
本当に望むものを受け取れないのか?~
https://www.reservestock.jp/events/256632









GWも終わりましたね。

 

 

 

皆さんはこの連休を
どんな風に過ごされましたか?




私は特に遠出はせずに、
夫婦で氏神様のお参りをしたり、
引越し祝いで遊びに来てくれた
家族との時間を過ごしたりと、
日常の小さなしあわせを
満喫して過ごしました。



Instagramでは
写真も公開しているので
是非ご覧になってください^^
https://www.instagram.com/sachicoach/



また、
いよいよ開催が5日後に近付いた
1dayワークショップの準備や、
7月からスタートする新メニューの準備も
このお休みを活用して進めていました。



さて。



以前、このブログでも
引越し準備の話を書きましたが、
新居に住み始めて1ヶ月以上が経ち、
新しい暮らしを通しての
いろいろな変化を感じている日々です。



で、
今日のタイトル『夫の激変』なのですが、
一体夫の何がどんな風に激変したのか?
と言うと・・・



なんと・・・



なんと・・・



今までは一切、
部屋の片付けができなかった夫が、
引越し後には本人自身も驚くほどの
片付け上手に大変身したのです!



びっくりしました~。



引越し前の住まいでは、
何度言っても片付けられず、
汚すわゴミを増やすわで
それが嫌で嫌でもう離婚したい!と
思ったことさえもありました。



それでも、
この夫とでしか
体験できなかった素敵なことも
今までたくさんあるし、
本来の自分でリラックスしながら
毎日を一緒に生きていく相手は
私にとってやっぱりこの夫しかいません。



だから、



「あぁ、
 この人には子供と同じように
 1から教えなければならないんだ」



と、
半ば観念していたのですが、
引越し後の今は私の方が夫から、



「ここに物を置いちゃダメだよ」



と、
ソファーやテーブルに一時置きしたものを
ポイポイ片付けられている始末です。



一体夫に何が起きたのでしょうか?
こっそり片付け講座にでも
行ったのでしょうか?



もちろんそんなことはありません。



全く片付けられなかった夫が、
突然片付け上手になった理由。



それは・・・



新居のメインスペースの
インテリアコーディネートを
全て夫に任せたことでした。



空間の使い方、
部屋の仕切り方、
ソファやベッドや家具はもちろん、
どんな照明を置くのか?
カーテンの色やベッドカバーの色等。



もちろん決める前に必ず、
「これにしたいんだけどいい?」
「幸子はどう思う?」
という風に、
私の意見も取り入れてくれました。



が、私の方は、
前の住まいで、
自分好みのインテリアを既に満喫していたので、
今回は、
仕事部屋に勉強や執筆に集中できる
大きなデスクが欲しいことと、
体を動かす瞑想ができるスペースが欲しいことと、
キッチンの使い勝手が良いこと以外に、
特に要望もありませんでした。



なので、
元々建築業界出身で
リフォーム屋さんもやっていた夫が
率先してサクサク決めてくれたこと、
しかもその後も主体的に綺麗な状態を
維持してくれるようにまでなるなんて、
私にとっては予想外の喜びでした。



もしも今日のブログを
読んでいる皆さんの中に、



「早く目の前の相手に変わってほしい」



と絶賛感じている方がいたら、
少しだけ視野と気付きを広げてみてください。



「あなたが変わってくれるなら私も・・・」
という風に、
相手次第で自分がどうするかを考えている時、
それは、
《相手のせいでずっとしあわせになれない私》
が維持され続けるだけだということを。



その
《相手のせいでずっとしあわせになれない私》自体は、
相手を変えたからといって
いなくなるわけではないということを。




~1席のみ空きができました~
【ファミリー・コンステレーション
  1dayワークショップ 5/12(土)】
~なぜパートナーや家族から
本当に望むものを受け取れないのか?~
https://www.reservestock.jp/events/256632




*個別のご相談はこちらから

 

 

〜最新コラムはこちらから〜

*無料メルマガ【まんまる通信】

https://www.reservestock.jp/subscribe/287

 

Top