クライアント事例

by ogawa ogawa お茶会

対面個人セッション、好評受付中です。

こんにちは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。

 

 

ここの所、
対面個人セッションのご予約を
たくさんいただいています。

 

 

特に、
人形を使ったコンステレーションの個人セッションは、
実際に体験された皆様から、

 

「パートナーとのことはもちろん、
土台の人生観までが激変しました」

 

といったありがたいお言葉をいただき、
大切なお友達やご家族を
ご紹介いただく機会が増えてきました。

 

 

皆様、ありがとうございます😊

 

 

対面個人セッションでは、
毎回、繊細なテーマを扱うことが多いため、
会場のエネルギーがクリアで、
静かで落ち着いて話ができる場所を選んでいます。

 

 

そんな中で、
私自身も
実際に訪れたことのあるクライアントの皆様も
とにかく居心地が良くて大好きな場所が、
清澄白河の個室セッションルームです。

 

 

壁一面の大きな窓は解放感いっぱい。

 

 

 

お部屋もソファも広々。

個室なので、
周りを気にせずお話ができます。

また何よりも、
このエネルギーの心地良さは、
是非とも実際に足を運んでいただいて
体感していただきたいです✨

 

 

こちらの個室セッションルームでの
対面個人セッションを、

7月5日(金)〜7月7日(日)
8月23日(金)〜9月1日(日)

期間限定にて受付いたします。

 

どうぞお越しください〜😊

 

 

【”うっかり”愛されるしあわせ】
〜対面個人セッションin期間限定まんまるサロン〜

☆スケジュールのご確認・ご予約はこちらからどうぞ
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/360

 

 

 

〜同じ会場にてまんまるカフェも開催します🎵〜
【まんまるカフェ】

☆詳細・お申し込みは以下のリンクをクリックしてください

・7月6日(土)まんまるカフェ in 東京
https://www.reservestock.jp/events/354138

・8月4日(日)まんまるカフェ in 名古屋
https://www.reservestock.jp/events/353485

・8月24日(土)まんまるカフェ in 東京
https://www.reservestock.jp/events/354072

 

 

 

 

〜残席2名様・知識よりも体感に落とし込みたい方へ〜
【ファミリーコンステレーション
          1dayワークショップ】

☆詳細・お申し込みは以下のリンクをクリックしてください
https://www.reservestock.jp/events/353517

by ogawa ogawa クライアント事例

成功したけど長く続かなかったのは・・・

こんばんは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。

 

 

 

30代女性クライアント
Mさんのお話です。

 

 

 

Mさんは、
恋愛ノウハウ本に書かれていた
「男性は追いかけたい生き物だから
簡単に手に入る女性であってはいけない」

という言葉を信じ、
常に自分が上の立場でいられるよう着飾ったり
メールも自分から頻繁に送らなかったり・・・
という駆け引きをしながら、
婚活パーティーで女性30人中ランキング1位になったり、
理想のパートナーからのアプローチを
受けることに成功したことがありました。

 

 

 

でも、
Mさんにランキング1位を付けた男性たちのことを
ご本人は1人として魅力的だと思えず、

 

 

 

Mさんが魅力的だと思った男性と付き合えても、
常に「自分じゃない人」を演じなければならなくなり、
最後は決定的な何かがあったわけではないにも関わらず
相手からの連絡が来なくなり、
結局長く続かなかったそうです。

 

 

 

Mさんがアプローチされた理想の彼は
由緒ある家柄のお金持ちで、
学歴も会社も超一流という
いわゆる世間一般的に言われている
『女性が結婚相手に求めるもの』
を兼ね備えた人でした。

 

 

 

Mさんはそんな彼に見合う自分になりたい一心で、
恋愛ノウハウ本に書かれていたことや、
憧れの女性に近づけるような
ファッションや美容法を取り入れますが、
彼から連絡が来なくなった後に
冷静に振り返ってみると、

【自分のしていたことは、
相手が求めていたものとは全く違っていた】

ということに気付かれたそうです。

 

 

 

デート中に彼が訊ねてきた
「そのまつ毛は何か付けてるの?」
「外側磨きばかりにお金をたくさん使うの?」

といった探るような言葉の数々。

簡単に手に入らない女になることが、
理想のパートナーにとっていいことだと、
信じて疑わなかったときの彼女には、
現実の目の前にいる彼が、
「本当の本当は何を求めているのか?」

が見えなくなっていました。

 

 

 

Mさんの理想の男性のような
いわゆるモテる男性は、
(その人そのものというより、
目に見える条件に集まる女性が多いタイプ)
たくさんの女性を見ている分、
相手がどういう動機で自分に近づいているのか
感覚的に分かるものです。

 

 

 

そして本当にモテる人や見る目のある人は、
どんなに隠していても、
その人の放つ媚び成分を嗅ぎ分けますし、
異性に対して根本的に感謝のない女性を
生涯の相手として選ぶことはなく、

「この女性は、
自分がピンチになったときに
本当に支えてくれるだろうか?」

という部分を見極めています。

 

 

 

これは、
女性だって同じですよね。

 

 

 

どんなに見た目がカッコよかったり
一緒に居て気分が高揚するステキな男性でも、
パートナーが本当に困っているときに
思いやりのカケラもない態度を取ったり、
常に自分のことばかり考えていて
目の前の相手の真意を見ようとしていないと感じたら、
その後信頼し合って生きていくのは難しいはずです。

 

 

 

逆に言うと、
今ドン底やピンチに直面している人は、
表面的な浅い望みではなく、
本心から自分が求めるものや
本当に大切な人の価値やありがたみを
実感できるチャンスでもあります。

 

 

 

また、
「男性は頼られると嬉しい」
という定説を信じている女性も多いですが、
これも実際に男性に聴いてみると、
実はちょっと違います。

 

 

 

以前書いた【在り方】のメルマガとも繋がりますが、
「頼られると嬉しいんでしょ」
というスタンスで頼られても、
そこに相手からの敬意や感謝が微塵も無かったら
全く嬉しくありません。

 

 

 

これもやっぱり女性だって同じです。

 

 

 

少し立ち止まって、
冷静に考えてみたら、
「外側の正しいと言われている情報」よりも、
「自分自身の体験を通した実感」の方が
信頼できることが分かるはずです。

 

 

 

にも関わらず、
「自分自身の実感」を信じないまま、
「外側の正しさや成功者」ばかりを有り難がっていると、
自分の望み自体がきちんと見えていないため、
叶っても長続きしなかったり、
自分の本心が満たされないままということなんです。

 

 

 

※Mさんは現在、
自分にとってしあわせな人生を生きる上で
本当に相応しいパートナーに気付きご結婚されました。

 

 

 

〜実感力トレーニングを始めよう〜

【開催告知】
・7/13(土)10時〜18時
ファミリーコンステレーション1dayワークショップ

・8/4(日)15時〜17時
まんまるカフェ in 名古屋
※詳細・申込受付は後日改めてご案内いたします^^

 

 

 

☆個別のご相談はこちらから
〜”うっかり”愛されるしあわせ〜
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/360

 

 

 

☆より深い学びはこちらから
〜無料メルマガ〜
【まんまる通信】
http://www.reservestock.jp/subscribe/287

 

by ogawa ogawa クライアント事例

好きな人との関係性を深める秘訣

こんにちは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。

 

360_profile-380x380

 

 

前回の続きです。

 

 

※前回の内容を読み返したい方は
こちらからどうぞ。

《結婚したくない男性の意外な本音とは?》
http://ogawasachiko.com/archives/72273

 

 

男性が「結婚したくない」と言うときに、
往々にして女性にありがちな反応として、
「彼が結婚したくないのは私に魅力がないからだ」
「私のせいだ」
「私が悪いんだ」という風に、
勝手に自虐的にとらえるというものがあります。

 

 

でも、
”実はそういうことではない”
という視点がある事実を
今日は皆さんと
分かち合っていきたいと思います。

 

 

 

 

これは私が実際に、
夫との関わりで体験したことです。

 

 

夫は日頃とても優しく、
それこそ私の期待以上の返しをして、
喜ばせようとしてくれる所がありました。

 

 

そんなある日、
私がいつものように何気なく
自分の分からないことを夫に聞いた時。

 

 

なぜか夫が突然、

 

「何でもかんでも俺に聞かないでっ!」

「自分で調べてっ!」

 

と、激怒したことがありました。

 

 

その時の私は既に、
今現在グループトレーニングで
提供している学びや体験を
自分の血肉として吸収していたため、
そこで反射的になって逆ギレしたり、
「私が悪いから彼が怒った」
という反応になることはありませんでした。

 

 

その代わりに、
ただそこで起きていることを
感じ取る気持ちの余裕がありました。

 

 

すると、

 

『本当はこちらの期待に応えたいけど
それができない自分に苛立ちを感じている』

 

という1つの側面が見えたんです。

 

 

そこに気付いた時の気持ちを
自分の素直な言葉で夫に伝えた時に、
夫の激怒が一瞬で消えて、
夫婦の間に安らぎと笑いが
広がっていったことがありました。

 

 

その体験を通して気付いたこと。

 

 

それは、
実際の所は夫自身も、
なぜこんなにも自分が苛立っているのか?
感情的になっているのか?が、
分かっていなかったんだ、
ということでした。

 

 

にも関わらず、
そこでもし私が、
夫が表面的に発している言葉や
反応だけを全て真に受けて、

 

 

「私が悪いことをして、
至らなかったから、
この人は怒っちゃったんだ」

 

 

という一方的な解釈を展開し始めると、
どうなっていくでしょうか?

 

 

間違いなく動揺して、
自分の落ち度(と思い込んでいること)を
無我夢中で無かったことにしたくなったり、
焦って目の前の現実や相手を変えようとしたくなったり、
無意識的に責任転嫁をして、
「あなたのせいで傷付いた」と相手を罵ったり等に忙しくて、
そこで起きている事実を見極める余裕なんて
全く無くなってしまいます。

 

 

つまり、
相手に対する攻撃や、
批判が止まらない時に起きていることは、
「自分が悪い」
「自分のせいだ」
という自己攻撃がその人の中で起きていて、
その自己攻撃を払拭するために、
必死に状況や相手を変えようとしている
ということです。

 

 

この自己攻撃は相手には関係なく、
その人の中で起きていることなので、
どんなに状況や相手を変えても
一向に払拭されないどころか、
実際の所、
彼との関係性を育むための行動は
何1つしていないので、
頑張るほどに溝が大きくなる一方です。

 

 

その状態のままで、

 

「そんな言い方しなくてもいいでしょ!」

「前はもっと優しかったのに」

「もう私のこと嫌いになったんでしょ」

「あなたがそうならもう別れる!」etc・・・

 

 

これが始まっていくと、
全く違う争いになっていって、
こじれていく一方だということは
誰の目にも明白です。

 

 

相手の言葉や態度をすぐに自分の優劣に繋げて、
自分の価値や尊厳を奪われたように感じるのは、
元々、自分が身の丈の自分を否定して、
「優れているべき」を課しているから、
優れていない自分を味わう体験に腹が立つんです。

 

 

でも、
もし自分が身の丈の自分に寛いでいて、
それ以上でも以下でもない自分を
まるごと受け入れていたら、
彼が結婚したくない=自分の落ち度
という解釈にはなりません。

 

 

今回の事例のように、
男性も自分のことが分からなくて、
そういう反応をするときがあります。

 

 

そこで女性がすべてを、
「自分が悪くてそう言われた」
という反応をするのではなく、
”本当はこちらの期待にこたえたくて
それができない自分に腹を立てていた可能性もある”
と、分かるとそこに新しい理解が生まれます。

 

 

前は優しかったのに
もう自分に興味がなくなったのではなくて
今までの方が頑張っていて、
無理をしていただけかもしれません。

 

 

むしろ今ここで、
素の自分を見せてくれたのは、
深い部分で信頼してくれているから、
という見方もできます。

 

 

そこからこそが、
本当の対等なパートナーシップが
育まれる時なのです。

 

 

《参考過去ブログ》
☆愛も応援もいろいろな形がある
http://ogawasachiko.com/archives/71908

 

☆「いいコ」から「いいオンナ」へ
https://ameblo.jp/re-member/entry-12108271259.html

 

 

 

🌸最高のメニューができました🌸

運命のパートナーとしあわせな結婚生活を
送り続けたい方のための実践プログラム

【まんまる婚実践グループトレーニング】
https://resast.jp/events/337842

 

 

 

 

😊個別のご相談はこちらからどうぞ😊

*個人セッション
https://www.reservestock.jp/page/reserve/360

 

 

 

 

😊より深い学びはこちらから😊

☆無料メルマガ
まんまる通信
http://www.reservestock.jp/subscribe/287

by ogawa ogawa クライアント事例

結婚したくない男性の意外な本音とは?

 

こんにちは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。

 

 

今日は午後、
今年2人目のお子さんを出産された
過去クライアントさんとお会いしてきました😊

 

 

生後4ヶ月の赤ちゃん、
とってもおとなしくてスヤスヤ寝ていて
可愛かったです〜💕

 

 

明日は同じく、
子育て中の別の過去クライアントさんに、
歴史講座をさせていただくことになりました。

 

 

午後にあと1枠だけ、
対面個人セッションの空き枠がありますので、
気になっていた方はこの機会にご連絡くださいね。

 

 

😊期間限定まんまるサロン in 清澄白河🎵😊

個別のご相談はこちらからどうぞ
https://www.reservestock.jp/page/reserve/360

 

 

 

 

☆まんまるコラム

【結婚したくない男性の意外な本音とは?】

 

日頃、
女性側のご相談をうかがうことが多い私ですが、
先日、30代後半独身男性Yさんとの
セッションをさせていただく機会がありました。

 

 

Yさんには現在お付き合いしている女性がいて、
彼女は結婚をしたがっているそうです。

 

 

でも、
Yさんは「結婚したくない」。

 

 

セッションの中では、
「どうして結婚したくないのか?」
という部分を丁寧に聴いていったところ、
Yさんの本音は全く違う所にあることが
分かってきました。

 

 

実はYさんは、
ご自身も全く自覚していませんでしたが、
元々、ものすごく彼女の期待に応えたいタイプ。

 

 

「彼女を喜ばせたい」

 

 

「彼女の笑顔が見たい」

 

 

だからもし結婚となったら、
最高の結婚生活をプレゼントしなきゃいけない
と思っていました。

 

 

でもとてもできない。

 

 

それが翻って、
「結婚したくない」
になっていたのです。

 

 

つまり、
Yさんの本音は、
「結婚したくない」じゃなくて、
「最高の結婚生活をプレゼントしたい」
だったのでした。

 

 

もちろん、
「結婚したくない男性」のすべてが、
全く同じというわけではありません。

 

 

ですが、
表面的には、
「結婚したくない」と言っている男性が、
自分でも気付いていない本音の所では、
「彼女を喜ばせたい」
「最高の結婚生活をプレゼントしたい」
と思っているかもしれないとき、
女性の皆さんには1つだけ
気を付けていただきたいことがあります。

 

 

ここを誤解していると、
女性が頑張れば頑張るほど、
男性がどんどん離れていくことになるからです。

 

 

続きは次回改めて書いていきます。

 

 

 

😊1席、増席しました😊

*5/18(土)まんまるカフェ
https://www.reservestock.jp/events/342162

 

 

 

😊より深い学びはこちらから😊
☆無料メルマガ
まんまる通信
http://www.reservestock.jp/subscribe/287

 

by ogawa ogawa お茶会

グループトレーニング参加者の声:「父から愛されている」と感じられることは・・・

 

こんにちは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。

 

 

私のイチオシメニュー、
まんまる婚実践グループトレーニング😊

 

 

昨年スタートした0期に続き、
現在進行中の1期でも、
参加者の皆さんが自分の人生で体験しながら
実感されたご報告をいただいています。

 

 

今日は、
40代女性クライアントEさんから
いただいたご報告を
こちらで紹介いたします。

 

↓     ↓     ↓

 

========================

 

私は職場を変えても、
上司や先輩(目上の女性)との関係性が上手くいかず、
心身のバランスを崩しがちでした。

 

 

でも、
グループトレーニングに入って、
上手くいかないと感じている時に
実際に起きていることが自覚できるようになり、
それに対してどういう風に対応していくのかを学び、
これまで約1ヶ月半実践し続けてきました。

 

 

そして、
昨日はかつて苦手だった先輩と
帰りがけに少し話をして、
優しいねぎらいの言葉をかけてもらえました。

 

 

私も素直に、

「もっと早く相談してれば良かったですね。
一人で悲劇のヒロインになってました」

という言葉が出ていました。

 

 

すると更に、

「一人で抱えて大変だったね。
迷惑かけられないから、
早く何とかしないととか焦っちゃうよね。」

と優しく言ってもらえました。

 

 

また今日は、
長年わだかまりを感じていた父に、
思い切って電話をしました。

 

 

始め何を話したらいいか
戸惑ってしまいました。

 

 

とっさに口から出た言葉が、

 

 

「最近歴史の勉強をしているんだよね」

 

 

と、そこから入ってました。

 

 

ちょうど1ヶ月前位に
祖父の軍歴を知りたくて
父に電話をしていました。

 

 

父はその流れがあったので、
「どうだった?」と
聞いてきてくれました。

 

 

1ヶ月位前は
あまり知りたくなさそうな感じだったけど、
父から聞いてくるとは意外だなと思いました。

 

 

父は祖父の軍歴を知って
「結構詳しく残っているんだね」
と感心してました。

 

 

そして、
私が今まで学びながら調べてきた中で
大切だと感じていることを伝えると、
父は反論もなく私の意見を尊重してくれました。

 

 

 

私:「今までお父さんのことを嫌って、
悪者にしてきてごめんね。」

 

父:「そうだったのか?」

 

私:「子供の頃の私は、
父さんはいつも仕事ばっかりして、
家族の事は嫌そうに見えた」

 

父:「そうか」

 

私:「お父さんは私にとって、最高のお父さんだよ。
私はお父さんとお母さんの娘に生まれてきて良かった」

 

父:「そうか」

 

 

上記のことは
私にはとても言いにくいこと事だったけど、
あっさり穏やかに伝えられて良かったです。

 

 

思春期頃に心の中から排除していた父との繋がりを
改めて感じることができるようになり、
本当は父の事が大好きだった事を思い出しました。

 

 

「父から愛されている」と感じられる事は、
日常生活でこんなにも
安心感があったんだなぁと体感しています。

 

 

その翌日、
母の日のお花にメッセージで、

「産んでくれてありがとう。
しあわせになります!」

と添えて送りました。

 

 

一足早くに日頃の感謝を届けました。

 

 

母からメールがあって、

「かわいい紫陽花ありがとう。
大事に育てます。
あなたが心も体も健康で
笑顔で毎日生活するのを祈っています。
あなたの母で嬉しいです」

という内容でした。

 

 

数年前だったら
こんなに穏やかなやりとりは皆無でした。
諦めずにここまでたどり着けて良かったです。

 

 

日に日に、感謝が増え続けています。

 

 

===============================

 

 

※現在、Eさんはグループスタート直前に
お付き合いがスタートした男性と、
素直に本音を伝え合いながら
あたたかい関係性を育まれています。

 

そんなEさんは、
瞑想初心者でありながら、
グループ1期がスタートしてから
今日まで50日間、
毎日欠かさず瞑想を継続し続けています。

 

今では毎日やるのが当たり前になっていて、
感覚も軽くなって調子が良いのも
よく分かるのだそうです。

 

既に自分にとってとても必要なものを受け取れたと
喜びの声をいただきました😊

 

 

 

〜続けていけば必ず手応えがある、
でも1人で続けるのは難しい・・・
だからグループトレーニングなんです〜

🌸最高のメニューができました🌸

運命のパートナーとしあわせな結婚生活を
送り続けたい方のための実践プログラム

※今日のブログでご紹介したEさんが
両親との繋がりを感じられなかった時代から、
今に至るストーリーを詳細ページにてご紹介しています^^

【まんまる婚実践グループトレーニング】
https://resast.jp/events/337842

 

 

 

 

😊期間限定まんまるサロン in 清澄白河5/18までオープン🎵😊

個別のご相談はこちらからどうぞ

*個人セッション
https://www.reservestock.jp/page/reserve/360

 

 

 

 

 

😊残席1名となりました😊

*5/18(土)まんまるカフェ

https://www.reservestock.jp/events/342162

 

 

 

 

😊より深い学びはこちらから😊
☆無料メルマガ
まんまる通信
http://www.reservestock.jp/subscribe/287

by ogawa ogawa クライアント事例

好きな人に大事にされる秘訣

 

こんばんは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。

 

 

 

 

30代女性クライアントMさんのお話です。

 

 

お住まいが遠方で、
小さなお子さんを育てている最中のため、
月に1回の電話セッションを
継続的に積み重ねてきました。

 

 

Mさんにとっての最大の悩みは、
義理のお母さんとの関係性でしたが、
継続的なセッションを通して、

『私が絶対に正しくお義母さんが間違っている』

『お義母さんの行動や考えを変えたい』

という時に衝動的に怒りが湧き上がることを
自分事としてしっかり自覚され、

『お義母さんを変えようとしない』

という新しい関わり方を少しずつ練習しながら、
順調に関係性を育まれています。

 

 

そして先日、
直接お会いできる機会があり、
Mさんからのリクエストで、
まんまる婚のための歴史講座初回
をおこないました。

 

 

その後、
Mさんからいただいた
メッセージをご紹介します。

 

↓     ↓     ↓

=====================

 

先日は大切なことを教えていただき、
ありがとうございました。

 

あの後、
実家に帰省をして、
帰る時に母が、

「新幹線の中で子供と食べなさい」

と言って、
お弁当を作ってくれました。

 

私たちを送る直前で、
バタバタしていたんですが、
そんなことはおかまいなしに
手早く唐揚げを揚げて、
卵焼きを作ってくれました。

 

新幹線の中で、
それを食べながら、
すごく美味しくて、
やっぱりお母さんはすごいなぁと
思いました。

 

私は子供に、

「お母さんが大きくて
あなたの方が小さいんだよ
(あなたは守られている存在なんだよ)」

ということを
どうやったら分かってもらえるだろう?
と考えていたんですが、
私もこんな風に、
子供に美味しいご飯をたくさん
作ってあげようと思いました。

 

それと以前から、
幸子さんに学んだことを、
子供にも伝えていて、

「この家で一番偉いのはお父さんだよ。
二番目がお母さんで、
あなたたちを守るからね」

と言い続けていたら、
子供はそれを夫に言っているようで、
夫が私をますます大事にしてくれるようになりました。

 

普段、料理なんてしたことのない夫が、
「あなたに捨てられたら嫌だから」と言って、
買い物までしてシチューを作ってくれたのは驚きました。

 

親を尊敬するほどに、
自分が受け取れるものが増えて、
子供や夫に与えられるようになるのは
本当ですね。

 

これからもよろしくお願いします。

 

30代女性 Mさん

=====================

 

ご報告をありがとうございます。

 

Mさんは、
その時の気付きを
お母さんにも送りました。

 

するとお母さんは、
とても喜んでいたのだそうです(^.^)

 

 

 

 

「あれが足りなかった」

「本当はこうしてほしかったのに」

という体験は誰にだってあります。

 

 

Mさんにもそれはたくさんありました。

 

 

でも、
それ以上にしてもらったことも
数え切れないほどあります。

 

 

そもそも出産自体が、
命がけでしてもらったことです。

 

 

子供にはそれ以上のものを
親に返すことはできないし、
また返す必要もありません。

 

 

なぜなら親にとっては、
与えたものを子供が感謝と共に受け取って、
しあわせに生きていくこと以上の
喜びは無いのですから。

平成最後の対面個人セッションの募集です

おかげさまですっかり腰痛も良くなりました(^人^)
心配してくださった皆様、ありがとうございます。

 

今回ご紹介したMさんのように、
自分も大切な人達もみんなしあわせになる関わりを
作っていきたいという皆様へ。

 

今年1月に実施して大変ご好評をいただきました
都内の開放感溢れる素敵な個室セッションルームでの
対面個人セッションを若干名のみ募集します。

 

日時は、4/28(日)4/29(月)4/30(火)の3日間。

 

ピンと来た方は是非お待ちしています(^.^)

*個人セッション
https://www.reservestock.jp/page/reserve/360

 

 

 

🌸好きな人に大事にされたい方へ🌸

たった1人の伴侶と夫婦になっていくプロセスを
楽しみ続けたい方のための実践プログラム

【まんまる婚実践グループトレーニング】

https://resast.jp/events/337842

 

 

 

😊より深い学びはこちらから😊
☆無料メルマガ
まんまる通信
http://www.reservestock.jp/subscribe/287

by ogawa ogawa クライアント事例

「好き」だけではうまくいかない理由

こんばんは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。

 

 

 

 

 

先日、
よく晴れた日に
仕事終わりに待ち合わせて、
夫婦で明治神宮参拝をしてきました。

 

 

 

 

立派な夫婦楠(めおとくす)。
1枚目の夫婦並んだ写真の背景は
この夫婦楠です💑

 

 

 

 

 

神社をゆっくり散歩した後は、
夫オススメのお蕎麦屋さん鎌倉松原庵欅にて
美味しい穴子天そばをいただきました😊

 

 

 

 

私が夫と出会って結婚をして
夫婦として生活していく過程には、
こんな風に2人で一緒に出かけたり、
美味しいものを食べたりすることもありますが、
それだけではなく、
どちらかが体調を崩したり、
不調に陥ることももちろんあります。

 

 

ちょうど1週間ほど前には、
夫が「お腹が痛い」と言い出して
晩御飯も食べられずに寝込んだり、
つい昨日は私の腰痛が酷くなって、
夫に付き添って送り迎えしてもらって
鍼治療を受けてきたばかりです。

(セッションの予定を変更してくださった皆様、
ありがとうございます😭)

 

 

それで、
今日のタイトル
『「好き」だけではうまくいかない理由』
につながるのですが、
相手が不調の時にこそ「相手を大事にすること」は、
言葉で「好き」と言ったり
頭で「好き」と思うよりも
何百万倍も大切なことだと感じています。

 

 

私は今回、
夫が体調不良になった時に、
それまで何事もないと思っていた毎日の中で、
平常時の夫の笑顔や優しさ、
機転の利いた切り返しやジョークetc・・・
他にもどれだけたくさんのものを
自分がもらっていたのか
ということを痛感しました。

 

 

”もうこんなにもらっていたんだ”

 

 

”これ以上何を望むんだろうか”

 

 

と気付いた時に、
涙が溢れて止まらなくなって、
「いつもたくさんありがとう」と、
何度も言葉で伝えていました。

 

 

そして、
そんな出来事があった後の、
今度は私の腰痛発生時。

 

 

夫は大切な予定が入っていたところを
「あなたより大事なものは無いから」と言って、
予定を変更して私に付き添ってくれ、
車を運転してかかりつけの治療院にも
連れていってくれました。

 

 

過去の自分と比べてすごく変化したと思うのは、
夫のそういうあたたかさや優しさや素敵な所、
”彼は私を大事にしてくれる人だ”という体験を
私自身が素直に喜んで、
感謝と共に受け取れるようになったことです。

 

 

それは私自身も毎日の日常生活の中で、
夫との約束をおろそかにしなかったり、
夫のための食事を丁寧に作ったり、
部屋の掃除をしたり、
洗濯をしたり、
夫婦の生活を大切にするためのことを
主体的に楽しんでやり続けていることで、
お互いの与え受け取るバランスが調和して、
エネルギーが循環していることが大きいと思います。

 

 

『相手を大事にする』というのは
主体的な行動を伴うもので、
「好き」だけの段階では
それは困難です。

 

 

なぜなら、

 

 

「好き」は、
「欲しい」だから。

 

 

”私は彼のことがこんなに好きなのに、
どうして彼は私を大事にしてくれないんだろう?”

 

 

と感じる方は是非一度、
「私はあなたが好きです」という言葉を
「私はあなたから欲しいものがあります」
という意味で使っていないかどうか?
確認してみてください。

 

 

🌸好きな人を大事にできるようになりたい方へ🌸

たった1人の伴侶と夫婦になっていくプロセスを
楽しみ続けたい方のための実践プログラム
【まんまる婚実践グループトレーニング1期】
https://resast.jp/events/337842

 

 

 

※対面セッションは来週半ばより受付再開です😊

〜公式サイトオープン記念〜
🌸個人セッション割引実施中です🌸

*個人セッション
https://www.reservestock.jp/page/reserve/360

 

 

 

😊より深い学びはこちらから😊
☆無料メルマガ
まんまる通信
http://www.reservestock.jp/subscribe/287

by ogawa ogawa クライアント事例

公式サイトオープン記念割引セッション実施中です

 

こんにちは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。

 

 

先日のメルマガやブログ等で、
公式サイト公開のお知らせをしたところ、
たくさんの方からお祝いメッセージをいただきました。

 

 

皆様、ありがとうございます😊

 

 

今日はメルマガにて、

まんまる通信を読み続けて

5年目に入られた海外在住の日本女性Hさんとの

Skypeセッションを通しての考察と、

ご本人からいただいたご感想を紹介しています。

 

 

是非参考にしてください。

 

 

😊より深い学びはこちらから😊
☆無料メルマガ
まんまる通信
http://www.reservestock.jp/subscribe/287

〜公式サイトオープン記念〜

🌸個人セッション割引実施中です🌸

*個人セッション
https://www.reservestock.jp/page/reserve/360

 

 

 

 

 

🌸まんまる婚をはじめよう🌸

たった1人の伴侶と夫婦になっていくプロセスを
楽しみ続けたい方のための実践プログラム

【まんまる婚実践グループトレーニング1期】
https://resast.jp/events/337842

 

by ogawa ogawa クライアント事例

その優しさでは報われない理由

 

 

こんにちは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。

 

 

 

 

〜その優しさでは報われない理由〜

 

 

前回の続きです。

 

 

今回のYさんとお母さんの関係において、
先に「自分を責めている(罪悪感を感じている)」のは、
実はお母さんです。

 

 

そして、
お母さんがそうなっている大元の理由は、
Yさんが生まれるよりも前にあって、
Yさんの手に負えるものでもありません。

 

 

でも、
子供時代のYさんには、
まるでお母さんの状態が
自分次第で思いのままに変えられるもの
であるかのように感じられます。

 

 

辛そうなお母さんの姿を見る度に、

 

「お母さんの状態のは私のせい」

 

だから、

 

「私がお母さんの苦しみを取り除いてあげれば
お母さんはもっと元気になってしあわせになれるはず」

 

という大きな勘違いをしたまま、
お母さんの傍で無意識の内に、
お母さんの苦しみを背負って生きていこうとします。

 

 

つまり、
Yさんの本当の目的は、
「お母さんを攻撃したい」んじゃなくて、
お母さんの苦しみを肩代わりしたい」です。

 

 

でも、
Yさんの今までのやり方では、
その深い愛情や優しさがお母さんに届くことも
報われることも決してありません。

 

 

ただただ永遠に、
本当は愛してやまないお母さんを
自分でもわけが分からないまま
攻撃したい衝動に駆られ、
『親不孝な悪者のレッテル』を
貼られ続けるだけです。

 

 

それに対して、
どうにかしたいと思っても、
自分に起きていること自体が自覚できず
何をどうしていいかも分からない・・・

 

 

この状態のYさんの心の痛みは
どれほどのものとなっているか?
簡単に言葉では言い表せないほどです。

 

 

まんまる婚実践グループトレーニングは、
今回ご紹介したYさんのように
ご本人自身もすっかり誤解しているけれど、
本当は親思いの優しい方々の愛情深さが、
家族やパートナーも含めた『大好きな人たち』にちゃんと届いて、
みんながしあわせになる結婚生活を実現していくためのプログラムです。

 

 

その中で扱う学びや体験は、
今まで皆さんが『パートナーシップ講座』と聞いて
思い描いてきたたものとは全く違うかもしれません。

 

 

ですが、
既に体験を通して学び続けてきた0期メンバーの皆さんや、
先に1期に入り実践をスタートしている皆さんからは、
今まで恋愛・婚活セミナーや心理学、セラピーを
散々渡り歩いてきた方々ほど、
「ここでようやく最後にできました」
と喜びの声をいただいています。

 

 

少しでも関心のある皆さんは是非、
現在、割引価格で実施中の個人セッションにて
お気軽にご相談ください😊

 

 

〜公式サイトオープン記念〜
🌸期間限定個別相談、実施中です🌸

*個人セッション
https://www.reservestock.jp/page/reserve/360

 

 

 

🌸まんまる婚をはじめよう🌸
たった1人の伴侶と夫婦になっていくプロセスを
楽しみ続けたい方のための実践プログラム
【まんまる婚実践グループトレーニング1期】
https://resast.jp/events/337842

 

 

😊より深い学びはこちらから😊
☆無料メルマガ
まんまる通信
http://www.reservestock.jp/subscribe/287

by ogawa ogawa クライアント事例

目に見えることとエネルギー的に起きていることは全然違う

 

こんにちは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。

 

 

30代後半女性クライアントYさんのお話です。

 

「今までの人生で一度も、
 まともにお付き合いした異性がいない」

 

というYさん。

 

容姿や性格に問題があるのか?と言うと、
全くそんなことはなく、
清楚で心の優しさが伝わる素敵な女性です。

 

もうすぐ40歳を目前に控え、
本当にこのままでいいのだろうか?
という疑問を感じたことを機に、
勇気を出して対面個人セッションを
申込されたそうです。

 

Q、「家族関係はどうですか?」

 

と確認していくと、

 

A、「お母さんへの攻撃がやめられないんです」

 

何でもYさんは今現在、
お母さんと2人暮らしなのですが、
日常生活の細々したことに対して、
お母さんの落ち度にイライラし、
衝動的に辛辣な言葉を
投げつけているのだそうです。

 

お母さんもその度に、

 

「早く家を出て行きなさい!」

 

とYさんの態度に激怒し、

 

Yさんもお母さんの怒りを受けて、
ますます煽られるかのように
怒りがヒートアップしていき、
お互いに罵り合う大喧嘩に・・・

 

Yさんは何度も家を出ようと思いながら、
最終的な行動には至らないまま
ここまで来ていました。

 

もちろん私のブログやメルマガを読んでいるため、
「親に感謝しないと」と何度も反省するそうですが、
気付くとまた罵り合いに入っている、
そしてそんな自分を止められないことに
悩まれていました。

 

実はこのケース、
『親に辛辣な言葉を投げつける』
というYさんのしていることは、
一見、親不孝で悪者のように見えますが、
 本人自身の中で起きていることは
むしろ真逆です。

 

「そうすることが、
親の役に立っている」

 

という風に、
Yさんの深い部分では感じられているんです。

 

どんなにやめたくてもやめられないのは
そのためです。

 

次回は、

『ここで起きていることの本質は何か?』

について更に踏み込んで書いていきます。

 

(つづく)

 

 

 

 

🌸お知らせ🌸

現在進行中のまんまる婚実践グループトレーニング1期。
初回の日程が合わなかった方からお問い合わせをいただき、
追加で初回(2日間)を開催する運びとなりました。

日時は 5月25日(土)10:00〜17:30

5月26日(日)10:00〜18:30 です。

土日の2日間両方参加で初回となります。
本日、全スケジュールと詳細を記載した
新しい募集ページを公開いたしました。
そちらに1期生のEさんの実体験ストーリーを
合わせてご紹介しています。

 

”理想通りのパートナーと
結婚したはずだったのに・・・”

 

”離婚を経て次こそは上手くいく相手を
選んだはずだったのに・・・”

 

なぜ2度の結婚のどちらでも
Eさんはお別れに至る道を
進むことになったのでしょうか?

 

Eさんと同様に、
離婚を経験された方だけでなく、
今現在、夫婦の向き合い方を模索中の方にも、
まだ結婚をしたことのない方にも、
これからパートナーと出会いたい方にも、
役立つヒントが満載です。

↓    ↓    ↓

〜まんまる婚をはじめよう〜

たった1人の伴侶と夫婦になっていくプロセスを
楽しみ続けたい方のための実践プログラム
【まんまる婚実践グループトレーニング1期】
https://www.reservestock.jp/events/337842

 

 

 

🌸グループトレーニングについての個別相談も受け付けています🌸

公式サイトオープン記念価格個別相談実施中🎵

*個人セッション
https://www.reservestock.jp/page/reserve/360

 

 

😊より深い学びはこちらから😊
☆無料メルマガ
まんまる通信
http://www.reservestock.jp/subscribe/287

 

Top