夫婦

by ogawa ogawa クライアント事例

「好き」だけではうまくいかない理由

こんばんは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。

 

 

 

 

 

先日、
よく晴れた日に
仕事終わりに待ち合わせて、
夫婦で明治神宮参拝をしてきました。

 

 

 

 

立派な夫婦楠(めおとくす)。
1枚目の夫婦並んだ写真の背景は
この夫婦楠です💑

 

 

 

 

 

神社をゆっくり散歩した後は、
夫オススメのお蕎麦屋さん鎌倉松原庵欅にて
美味しい穴子天そばをいただきました😊

 

 

 

 

私が夫と出会って結婚をして
夫婦として生活していく過程には、
こんな風に2人で一緒に出かけたり、
美味しいものを食べたりすることもありますが、
それだけではなく、
どちらかが体調を崩したり、
不調に陥ることももちろんあります。

 

 

ちょうど1週間ほど前には、
夫が「お腹が痛い」と言い出して
晩御飯も食べられずに寝込んだり、
つい昨日は私の腰痛が酷くなって、
夫に付き添って送り迎えしてもらって
鍼治療を受けてきたばかりです。

(セッションの予定を変更してくださった皆様、
ありがとうございます😭)

 

 

それで、
今日のタイトル
『「好き」だけではうまくいかない理由』
につながるのですが、
相手が不調の時にこそ「相手を大事にすること」は、
言葉で「好き」と言ったり
頭で「好き」と思うよりも
何百万倍も大切なことだと感じています。

 

 

私は今回、
夫が体調不良になった時に、
それまで何事もないと思っていた毎日の中で、
平常時の夫の笑顔や優しさ、
機転の利いた切り返しやジョークetc・・・
他にもどれだけたくさんのものを
自分がもらっていたのか
ということを痛感しました。

 

 

”もうこんなにもらっていたんだ”

 

 

”これ以上何を望むんだろうか”

 

 

と気付いた時に、
涙が溢れて止まらなくなって、
「いつもたくさんありがとう」と、
何度も言葉で伝えていました。

 

 

そして、
そんな出来事があった後の、
今度は私の腰痛発生時。

 

 

夫は大切な予定が入っていたところを
「あなたより大事なものは無いから」と言って、
予定を変更して私に付き添ってくれ、
車を運転してかかりつけの治療院にも
連れていってくれました。

 

 

過去の自分と比べてすごく変化したと思うのは、
夫のそういうあたたかさや優しさや素敵な所、
”彼は私を大事にしてくれる人だ”という体験を
私自身が素直に喜んで、
感謝と共に受け取れるようになったことです。

 

 

それは私自身も毎日の日常生活の中で、
夫との約束をおろそかにしなかったり、
夫のための食事を丁寧に作ったり、
部屋の掃除をしたり、
洗濯をしたり、
夫婦の生活を大切にするためのことを
主体的に楽しんでやり続けていることで、
お互いの与え受け取るバランスが調和して、
エネルギーが循環していることが大きいと思います。

 

 

『相手を大事にする』というのは
主体的な行動を伴うもので、
「好き」だけの段階では
それは困難です。

 

 

なぜなら、

 

 

「好き」は、
「欲しい」だから。

 

 

”私は彼のことがこんなに好きなのに、
どうして彼は私を大事にしてくれないんだろう?”

 

 

と感じる方は是非一度、
「私はあなたが好きです」という言葉を
「私はあなたから欲しいものがあります」
という意味で使っていないかどうか?
確認してみてください。

 

 

🌸好きな人を大事にできるようになりたい方へ🌸

たった1人の伴侶と夫婦になっていくプロセスを
楽しみ続けたい方のための実践プログラム
【まんまる婚実践グループトレーニング1期】
https://resast.jp/events/337842

 

 

 

※対面セッションは来週半ばより受付再開です😊

〜公式サイトオープン記念〜
🌸個人セッション割引実施中です🌸

*個人セッション
https://www.reservestock.jp/page/reserve/360

 

 

 

😊より深い学びはこちらから😊
☆無料メルマガ
まんまる通信
http://www.reservestock.jp/subscribe/287

by ogawa ogawa クライアント事例

公式サイトオープン記念割引セッション実施中です

 

こんにちは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。

 

 

先日のメルマガやブログ等で、
公式サイト公開のお知らせをしたところ、
たくさんの方からお祝いメッセージをいただきました。

 

 

皆様、ありがとうございます😊

 

 

今日はメルマガにて、

まんまる通信を読み続けて

5年目に入られた海外在住の日本女性Hさんとの

Skypeセッションを通しての考察と、

ご本人からいただいたご感想を紹介しています。

 

 

是非参考にしてください。

 

 

😊より深い学びはこちらから😊
☆無料メルマガ
まんまる通信
http://www.reservestock.jp/subscribe/287

〜公式サイトオープン記念〜

🌸個人セッション割引実施中です🌸

*個人セッション
https://www.reservestock.jp/page/reserve/360

 

 

 

 

 

🌸まんまる婚をはじめよう🌸

たった1人の伴侶と夫婦になっていくプロセスを
楽しみ続けたい方のための実践プログラム

【まんまる婚実践グループトレーニング1期】
https://resast.jp/events/337842

 

by ogawa ogawa クライアント事例

離婚寸前まで行きかけた危機が夫婦の絆を深める機会となりました

 

『結婚18年目にして、

夫の2度目の浮気が発覚したことを機に、

「私は本当はこれからどうしたいのか?」

考えても考えても答えが出ない日々が続き、

「私が本心から納得のいく決断をしたい」と思い、

幸子さんの継続コーチングをスタートしました。

 

 

最初の頃は、

自分の気持ちがわからずに

「夫を信じてやり直そう!」

と決意した数分後には、

「やっぱり許せない!

 慰謝料取って別れてやる!」

と、まるっきり正反対の自分になったり・・・

気持ちの上り下がりが大き過ぎて

自分で自分が信じられずに、

もがき続けたこともありました。

 

 

でもそのときに初めて、 

今まで私がお世話していたつもりのみんなからの支え、

やさしさ、

家族の大切さを改めて感じることができました。

 

 

家族、仲間、仕事、先輩、

たくさん頼っていい、

支えてもらっていい、

みんなが支えてくれる、

ひとりじゃない、

鎧を脱いでいい、

1人で頑張り過ぎなくていい、

肩肘張らなくていい、

たくさんの幸せをもらい感謝です。

 

 

セッションを重ねる中で、

自分の本当の気持ちも

夫の本当の気持ちも

それが何であれ操作しようとせず

受け止められるようになりました。

 

 

そして夫と話し合いをして

やり直していくことに決まり、

彼と一緒にしあわせな夫婦で居続けるために

私の方から素直に愛情を注げるようになりました。

 

 

振り返ると、

私には夫婦という覚悟が無かったと思いました。

 

 

自分がどれだけ

幸せですでに愛されているのか、

日々感じており、

毎日、どれだけ私が幸せだったのか、

わかっていたつもりなのに・・・

怖くて受け取れていなかったと、

思いました。

 

 

今回、夫にぼそっと、

「キミは、いつも、

 俺じゃなくてもいい、といっていた」

と、言われました。

 

 

私はそんな言葉を言ったつもりはないのに、

どこかで、思っていた、怖くて、

伝わっていました。

 

 

本当は、安心して、

守ってもらいたかったのに。

それも、言葉で伝えました。

言葉でちゃんと伝えることの

大切さを感じています。

 

 

また、それまでずっと、

結婚指輪が割り勘だったことが

どうしても許せなくて、

夫に指輪を求め続けましたが、

17年間買ってもらえませんでした。

 

 

それがコーチング期間中に、

私は何も言っていないのに

夫の方から、

「指輪のサイズ何号?」

と聞いてきて、

「結婚20周年記念に

 俺が選んだのをあげたいから

 待っててほしい」

と言われ、

プレゼントされることになりました。

 

 

また、

以前から食事での健康管理や、

ヘッドマッサージ等、

夫のために良かれと思って

私が一生懸命尽くしても

全然感謝されなかったのに、

今は夫に喜ばれお礼を言われるようになりました。

 

 

今までも、

相手がくれなかったのではなく、

自分が本心から欲しいものに対して

相応しい振る舞いをしていないことで、

受け取れなかっただけでした。

 

まだまだこれから

スタートしたばかりの私ですが

もっと楽に

もっと素直に

怖がらず愛という本質を

しっかり受け取って

パートナーや周りの人へ

お返しできるスタート地点に

これたのだと思っています。

ありがとうございました。

        40代女性Aさん

 

・継続コーチング1クール(6回)
・セミナー1回 受講』

by ogawa ogawa クライアント事例

義理の母との関係性が良くなりました

 

『過去に幸子さんの継続コーチングを経て、

 たった1人の最愛のパートナーと出会い、

 プロポーズを受けて結婚し、

 現在2人の子供に恵まれています。

 

 

 同居している義母との関係性に悩み、

 久しぶりに個人セッションを受けました。

 あれから、

 義母の対応は変わってないのですが

 教えていただいたことを実践すると、

 腹立つことが断然に減りました。

 

 

 我が家では朝、

 6時頃に義母がお風呂に入ります。

 今まではそれまでに大抵娘が起きており、

 寝汗対策のシャワーを浴びせたくても、

 出るのを待ってから夫にお願いしていました。

 

 

 最近は、試しに頼んでみたら、

 毎日の日課として、

 楽しくバァバとお風呂タイムになりました。

 とっても有り難いです!

 

 

 他にも、まさしく親と子みたいな

 頼る場面も増えてきた気がしました。

 

 

 何より、義母との会話が増えたな~と思います。

 夫よりも、遥かに一緒にいる時間が長いので、

 本当に助かりました。

 

 

 それから驚くほど、

 「もしも仕事を続けていたら妄想」が無くなりました。

 今、専業主婦でいられるお陰で、

 娘のお昼寝と共に体を休めることができて、

 悪阻も第一子ほど酷くないから有り難いなと感謝しています。

 これが地に足が着くということなんですね。

 

 

 夫が転職することになり、

 以前から昇給はあったのですが、

 今回は大幅にアップして、

 ますます私が働かなくてよい状態になっています。

 

 

 幸子さんの伝えているパートナーシップは、

 本当に今の日本人にとって大切なものではないかと思いました。

 

 

 ありがとうございました。

 

                30代前半女性 Aさん

 

・継続コーチング1クール(6回)

・グループコーチング2回

・セミナー3回

・電話単発セッション2回 受講

by ogawa ogawa クライアント事例

夫を信頼して任せることができるようになり ありがたみや頼り甲斐を感じられるようになりました

 

『過去に幸子さんの継続セッションを経て、
 愛を育み合えるパートナーと出会い
 家族や大切な友達の祝福を受けて結婚し、
 今現在は娘も授かりました。

 

 今回久しぶりに電話と対面と2回の
個人セッションを受けたキッカケは
 お母さんの病気を機に、
 お母さんと離れ離れになる恐怖や
 悲しみや辛い気持ちがおさまらなくなったことです。

    そしてセッションを通して、
 お母さんの問題は、
 私が夫との絆を深めることへの抵抗に
 繋がっていたことを自覚しました。

 

 それまでの私は、
 夫と娘という新しい家族を大切にすることは
 お母さんを切り離してしまうことになると勘違いしていました。

 

 でも個人セッションを受けたことによって、
 私が新しい家族と前に進んでいくことは
 お母さんにとって誇らしく思えて
いつまでも私の後ろには両親が見守ってくれていると
 感じられるようになりました。

 

 以前は夫を信頼して頼ることができず
 何でも1人でやろうとしていました。

 

 頼れないから感謝もできず、
 「頼りにならない人」だと思っていましたが、
 最近は夫を信頼して安心して任せることが
 できるようになりました。

 

 今では、
 娘が夫の寝かしつけじゃないと
 寝ないほどまでになっています。

 

 夫もますます自信を付けていって
 率先して手伝ってくれ、
 私も実際にすごく助かるので、
 夫に対するありがたみや
 頼り甲斐を感じられるようになりました。

 

 体感するってすごいですね!
 本当にありがとうございました。

 

          30代 女性 Oさん

・グループコーチング7回
・セミナー3回
・継続コーチング1クール(6回)
・電話セッション1回(ファミリーコンステレーション)
・対面セッション1回(ファミリーコンステレーション)受講

by ogawa ogawa クライアント事例

否定されることへの怒りや恐れが無くなり苦手なママ友に会っても動じなくなりました

 

『私は、2人の子供を育てている専業主婦です。

 上の子の幼稚園のママ友とのお付き合い等で、

 集団に入ることに恐怖心やストレスがあったり、

 自分を否定されると怒りが出て

 おさまらないことに悩んでいたため、

 継続セッションを受けました。

 

 

 一番大きな変化は、

 苦手なママ友を始めとして

 誰に会っても動じなくなったことです。

 

 

 以前は自分を否定されそうになったり、

 思うような関係にならない相手に対し、

 会うのが嫌になったり、

 話していても先入観からすぐに、

 「やっぱりこの人は合わない」と、

 怒りが出ていました。

 

 

 でも、幸子さんから学んだことが

 日々自分の中に浸透していくにつれて、

 相手の話を素直に聞けたり、

 とても穏やかな気持ちで過ごせるようになりました。

 

 

 ずっと「大きく見せないとダメな人と思われてしまう」

 と恐れていたり、

 「みんなに好かれたい」と思っていましたが、

 それをしている内は自分自身が苦しかったです。

 

 

 今は自分を本当に大切にできるだけでなく、

 相手のことも大切に思えるようになり、

 断ることも丁寧にできるし、

 不安なことが無くなりました。

 

 

 特に幸子さんが話してくれた

 『結婚の歴史と日本人の結婚』は、

 大きな学びとなりました。

 ありがとうございました。

 これからもどうぞよろしくお願いします。

             30代女性 Kさん

 

・継続コーチング2クール(12回)
・セミナー1回 受講』

by ogawa ogawa クライアント事例

義理のお母さんに対するイライラの正体

 

こんにちは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。

 

 

先日の号外メルマガにて、
まんまる通信の読者を対象とした
個別相談の追加募集をおこなった所、
定員を上回るお申込みをいただきました。

 

 

皆さん、ありがとうございました。

 

 

また来年以降、
突然やるかもしれませんので、
「次回こそ」という方は是非、
メルマガをチェックしていてくださいね^^

 

 

さて。

 

 

今回の個別相談を通して、
面白いなぁと感じた現象がありました。

 

 

実は4年程前に、
私の継続セッション受講者同士の
グループコーチングを通して意気投合された
3名のクライアントさん達がいます。

 

 

彼女達は3人共、
初めて別々に相談に訪れた際は、
結婚したいけどパートナーができない
(できても大切にされなかったり続かない)
という悩みを抱えていましたが、

 

 

個人セッションとグループの場を
各自で最大限に活用しながら、
自分自身と向き合い続けた先に、
ほどなくして1人に素敵な出会いがありました。

 

 

その1人があっという間にプロポーズをされて
結婚し、
子供を授かりママになり、
その後次々と他の2人もパートナーと出会い、
結婚し、今は全員がママになっている
という3人なのですが、

 

 

その3人が今回全く同時に、
何も示し合わせていないのに、
個別相談の募集に申込みをされたのです。

 

 

3人の相談内容は、
それぞれ直面している出来事は違うけれど、
本質の部分では繋がっていて、
私から最終的に伝えたことも同じでした。

 

 

そしてその内容については、
1人で学ぶよりも数人で深め合っていく方が
いいだろうな・・・と思っていた所、
なんと3人が近々集まって、
それぞれが個別相談で学んだことを
シェアし合う会を自主開催するのだそう!

 

 

素晴らしいチームワークですね。

 

 

今現在、進行中の
まんまる婚実践グループトレーニングでも
感じていたことですが、
やっぱり『グループの力』は偉大です。

 

 

そして、もうすぐ11/17(土)に、
そんな『グループの力』を体感できる
体験1dayワークショップが開催されます。

 

 

関心を寄せてくださっていた方は是非、
この機会にご参加ください。

 

~たった1人の運命のパートナーと
しあわせな結婚生活を続けていくための秘訣~

☆11/17ファミリー・コンステレーション体験
1dayワークショップ
https://www.reservestock.jp/events/297128

 

 

 

 

【義理のお母さんに対するイライラの正体】

 

 

冒頭にも出てきた3人のママの内、
一番最初にママになった
30代女性クライアントAさんの事例です。

 

 

現在、第二子を妊娠中のAさん。

 

 

義理のお母さんとの同居生活は、
Aさん自身も賛成した上で、
決まったことではありました。

 

 

が、
3歳になる長女の教育方針や、
家事のやり方、
また根本的な考え方や性格等に、
相容れないものを感じる日々の中で、

 

 

Aさんに疲れが溜まっている時などは、
義理のお母さんの一言一言にイライラ。。

 

 

ご主人の帰りは仕事で遅くなり、
会話をする時間もほぼ無い状態で、
1人でストレスを抱え込んだAさんは、
良くないと分かりながらつい、
長女にキツくあたってしまうことも
あるそうです。

 

 

今回のご相談のキッカケは、
夜の10時過ぎに
義理のお母さんが長女に対して、
揚げ物や重たいものを食べさせていたとき。

 

 

(せっかく私が娘の健康のために気を付けてきたのに!
やめてほしい!)

 

 

『心の中で強い反発とイライラを感じるAさん

VS

全く気にせずマイペースで
ざっくばらんな性格の義理のお母さん』

 

 

・・・と、
このような構図で事態を見ている間、
実はここで起きていることの本質が
見失われていきます。

 

 

Aさんは相談前、
この問題は自分自身とお母さんの性格や考えが
違い過ぎて合わないからだと思っていました。

 

 

また、
自分は母親としての責任があるけれど、
『おばあちゃん』は孫を無責任に愛せるからだと。

 

 

もちろんそれらも関係あるかもしれませんが、
今一番大切なのはそこではないんです。

 

 

ここで起きている真相は、

『義理のお母さん

VS

Aさんの実のお母さん』

 

 

という構図のバトルが勃発していて、
Aさんの中ではまだ、
実のお母さんが勝っている状態なんです。

 

 

つまりAさんが反発しているのは、
『実のお母さんだったら
やらないことを平気でする人』
であって、

 

 

自分と意見が合わない、というよりも、
実のお母さんと真逆な義理のお母さんに対して、
適切な関わり方が分からない状態です。

 

 

なぜ分からないのか?

 

 

それは今のAさんが、
『嫁ぎ先の嫁』ではなくて、
『実家の娘』の感覚が強いからです。

 

 

『嫁ぎ先の嫁』よりも
『実家の娘』の感覚が強い人にとって、
実のお母さんと真逆の義理のお母さんを認めることは
無意識下で自分のお母さんを否定することのように
感じられます。

 

 

本来味方で協力し合う相手であるはずの
義理のお母さんと張り合おうとしたり、
上から目線で見下したり、
理想通りでない相手を変えたくなるから、
必要以上に疲弊しイライラするのです。

 

 

その状態のままで、
結婚生活(ましてや姑との同居生活)を
続けていくことは、
誰よりも一番Aさん本人が
辛くなる一方です。

 

 

そして、
どんなにAさんが娘のためを思って、
気を付けて育てようとしても、
当の娘にとっては、
おばあちゃんとお母さんの仲が悪いことの方が
よっぽどストレスを感じます。

 

 

今回Aさんが相談されたテーマのお悩みは、
実は多くのママ達が感じている悩みでもあります。

 

 

また、
Aさんでいう所の『お姑さん』が
『職場の上司』に入れ替わったお悩みも
ここの所、とても多いです。

 

 

そして、
もし似たようなお悩みを感じている方がいたら、
何よりもまず自覚してほしいこと。

 

 

それは、

 

 

”結婚した後も、
『実家の娘であること』を
優先し続けようとする自分に対して、
特に問題意識を感じていないこと”

 

 

今の自分がそうなっていることの方が、
お姑さんをどうこうすることよりもずっと、
本人やこれから育つお子さんにとって
重要なテーマだということです。

 

 

=====================

~たった1人の運命のパートナーと
しあわせな結婚生活を続けていくための秘訣~

☆11/17ファミリー・コンステレーション体験
1dayワークショップ

・パートナーとの関係
・職場の人間関係
・家族関係
それぞれに調和の原則があります。

まず家族間の秩序崩壊を整えることで、
職場やパートナーとの関係性にも
時間の経過と共に相乗効果が現れます。

詳細・お申し込みは以下のリンクをクリックしてください。

https://www.reservestock.jp/events/297128

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

by ogawa ogawa クライアント事例

『無いものを手に入れるしあわせ』と『あるものに気付くしあわせ』は全然違う

こんにちは。

パートナーシップ専門コーチ

小川幸子です。

 

 

 

☆お知らせ

〜メルマガ読者限定の個別相談をスタートします〜

詳細・受付スタートは、

来週のメルマガでおこないますので、

是非チェックしてくださいね^^

*無料メルマガ【まんまる通信】

https://www.reservestock.jp/subscribe/287

 

 

 

【『無いものを手に入れるしあわせ』と

『あるものに気付くしあわせ』は全然違う】

 

 

 

先週末は土日の2日間をかけて、

まんまる婚実践グループトレーニング

集合クラス第3回目と第4回目を

開催しました。

 

 

 

台風が近付いていた中、

遠方からの参加者さん達もいて、

全員が無事に帰れるかどうか・・・

心配な場面もありましたが、

2日間通して大きな暴風雨に見舞われることもなく

各自で機転を利かせて早目に帰宅した方々も

全員が無事に帰り着けたということにも

本当に大きな感謝を感じています。

 

 

 

初日のファミリー・コンステレーション1dayワークショップも、

2日目の1dayグループ講座も、

それぞれの日に集まったメンバーの内、

1人でも欠けていたら実現し得なかった

貴重な学びと体験の場となりました。

 

 

 

参加者の皆さんからは、

 

 

・母親とのケンカが無くなった

 

・連絡が取れない彼とのお付き合いを終える決断ができた

自分の未来にはきちんと出会えるパートナーがいると分かった

 

・見下し続けてきた父に対する感謝と敬意を感じるようになった

→自分も父親のように家族を守れる男性になりたいと思えた

→元妻にやり直したいという自分の素直な気持ちを伝えた

 

望んだ通りの誠実なパートナーと出会いお付き合いを申し込まれた

 

・結婚したいと思えるパートナーと出会いお付き合いが始まった

→ずっと母の理想を押し付けられて干渉され続けてきたのが、

 ワークショップで働きかけを受けた翌日から、

「あなたに任せる」「見守っている」と言われるようになった

 

・恐れが無くなった

 

・愛と祝福は最初から手元にあることを

体験する機会があった

 

・返事がこない彼に対して、

「私の気持ちは変わらないこと」

「彼の選択を待つこと」を自分から伝えた

 

・仕事で責任を取ることが楽しくなった

→700人の中から1人だけの役割に抜擢された

 

・自分だけの世界にいたのがそこから出た

→生きる力を受け取れるようになったetc・・・

 

 

 

内側と外側における

着実な変化のご報告を

いただいています。

 

 

 

今日はその中から、

30代女性クライアントWさんの

気付きと変化のご報告をこちらで紹介いたします。

 

 

↓      ↓      ↓

 

 

========================

 

私にとっての一番大きな変化は、

『欲しいものが手に入ることをしあわせ』

だと思っていた人生から、

『あるものに気付いてそれに幸せを感じられる人生』

に変わったことです。

 

 

こじつけでしあわせと感じるのではなく、

そもそも持ってないものに

とらわれていたことに気付きました。

 

 

以前は安心感を感じられなかった実家や母の前で、

今は安心できるようになりました。

 

 

戻れる場所がある

親がいる

そもそもそれがあるから

私は無いものをしあわせだと思って

欲しがれていたんだと分かってきました。

 

 

今回のグループトレーニングの

2日目で教えていただいた

『結婚の歴史と日本人の結婚』。

学ぶことができて、

女性として本当にありがたいと思いました。

 

 

今もお話が心に残っていて、

パートナーだけでなく、

義理のお母さん、

そして相手の家族との絆も育むことが

どれだけ自分の助けになるか、

家族関係の調和の法則の自然な流れ、

営みに涙が出るほど感動しました。

 

 

そしてやっぱり、

人への感謝の気持ちが出てくると、

自分を産み出してくれた両親、

想像を絶する運命を生き抜いた祖父母に対しての

感謝に還っていくことを実感しています。

 

========================

 

 

大切な気付きを分かち合ってくださって

ありがとうございます。

 

 

 

『今あるものに気付いて、

感謝を感じられるようになること』

 

 

 

中にはそんな風に聞くと、

 

 

”もしそうなってしまったら、

今の自分の望みは叶わないんじゃないか?”

 

“どうでもよくなって、

諦めてしまうんじゃないか?”

 

 

という恐れを抱く方もいます。

 

 

 

でも、

私はそれは全く違うと感じています。

 

 

 

例えば、

「結婚したい」

という望みがあるときに、

 

 

 

「結婚すればしあわせになれる」

という状態の自分と、

 

 

 

「今あるものに感謝を感じている」

という状態の自分とでは、

 

 

 

結婚相手として魅力を感じる異性が

全く変わってきますし、

 

 

 

更に、

仮に今どんなに別れの危機が迫っている相手だとしても、

今までの自分が相手に求め続けてきたものが

そもそもズレていたと気付くことで、

同じ相手とより深い関係性を築いていくために

自分の潜在能力を発揮していくこともできます。

 

 

 

「相手が自分を大切にしてくれない」

「粗末に扱われている気がする」

といった悩みを抱えている人たちの多くが、

”《目の前の相手》を見るよりも

《憧れの誰かのようなしあわせ》等、

今の自分に無いものばかりを見ている”

という自分の姿に気付かないまま、

《私は彼のことが好きなのに彼は何も分かってくれない》と、

無自覚の内にどんどんドツボに入っていきます。

 

 

 

「結婚すればしあわせになれる」

という原動力は、

”自分だけが頑張っている”という

自己満足感は感じられますが、

根本的な部分の感謝が無いため、

結婚したらしたでまた何かしら

「今無いものがあればしあわせになれる」

を繰り返し続けるループから降りることができません。

 

 

 

もしも今現在、

今までの自分にとって良かれと思ってやったことが

裏目に出ることが増えている気がする方、

結婚前に知っておきたいパートナーシップの法則を

学びたい方は是非、

まんまる婚実践グループトレーニングにご参加ください。

 

 

 

次期開催は来年2月を予定しています。

 

 

 

また、次期開催までの期間に、

実際のグループの場でやっていることを体験できる場が、

ファミリー・コンステレーション体験1dayワークショップです

 

 

 

次の開催は11/17(土)です。

皆さんに直接お会いして、

お話できることを楽しみにしています^^

 

 

 

☆11/17ファミリー・コンステレーション体験
  1dayワークショップ

〜たった1人の運命のパートナーと
 しあわせな結婚生活を続けていくための秘訣〜

  ・パートナーとの関係
  ・職場の人間関係
  ・家族関係

それぞれに調和の原則があります。

まず家族間の秩序崩壊を整えることで、
職場やパートナーとの関係性にも
時間の経過と共に相乗効果が現れます。

年内の1dayワークショップは
11/17(土)、12/15(土)です。

お申込み受付はしばらくお待ちくださいませ。

 

 

 

 

〜最新コラム、随時配信しています〜

*無料メルマガ【まんまる通信】

https://www.reservestock.jp/subscribe/287

 

 

  

 

*個別のご相談はこちらからどうぞ


by ogawa ogawa クライアント事例

Q&A「別れた相手にどうしても感謝できません」

こんばんは。

パートナーシップ専門コーチ

小川幸子です。

 

 

 

 

〜『素敵な彼を探す』んじゃなくて、
 『素敵な彼にふさわしい自分』でいれば当然出会えます〜

☆ファミリーコンステレーション体験
 1dayワークショップ

《たった1人の運命のパートナーと
 しあわせな結婚生活を続けていくための秘訣》

https://www.reservestock.jp/events/289058

 

 

 

 

【Q&A、別れた相手にどうしても感謝できません】

 

 

「Q、別れた相手にも感謝と敬意を持つことを教わり、

婚約解消になった前の彼にも感謝しようと思ったのですが、

その彼を思い出すと怒りの方が湧き出てきて、

どうしても感謝できません。

 

最近、新しい出会いがあり、

お付き合いを申し込まれたところですが、

まだ前の彼に未消化が残っている感じがしています。

どうしたらいいでしょうか?

 

40代女性クライアントSさん」

 

 

 

 

A、

 

『感謝とは自分にとって都合の良いことだけにするもの』

だと思っていませんか?

 

 

過去メルマガ

まんまる通信vol.283【麻薬のような彼】

ご紹介したIさんの事例のように、

 

 

『辛いことがあったけれど、

 だからこそもう本気で、

 自分も相手も大切にしあえるお付き合いが

 できる自分になりたいと思えた』等、

 

 

今までは疑問も感じなかった自分の在り方に

苦痛を感じられるようになったことで

そこを卒業する機会を得られた、

という感謝もあります。

 

 

それはその彼との出会いもお付き合いもお別れも

すべてを含めた体験に対する敬意に繋がります。

 

 

過去のお付き合い相手を恨んでいる時、

目に見えない部分では同時に

その相手と付き合った自分自身に対する

否定や拒絶が起きています。

 

 

そんな風に自分で自分を否定したままで

受け取ることができる新しい出会いは、

相手がどういう人なのか?ということ以前に、

本人自身が自分がどう感じているのかが

よく分からなかったりします。

 

 

 

また、

どんなに怒りを感じる別れ方だったとしても、

始まった時はSさんも合意したからこそ、

そのお付き合いはスタートしたはずです。

 

 

その時のSさんがどんな動機で、

彼とのお付き合いをスタートしたのか?を、

改めて冷静に振り返ることで、

今回の結果に至った原因の内、

Sさん側の責任について向き合うことができます。

 

 

その彼を選んだ動機が分かり、

自分側の責任について事実を認められたら、

次に活かせる気付きや学びが必ず見つかりますし、

本来自分にできることを放棄する手段として、

いつまでも怒り続ける必要は無くなります。

 

 

 

 

☆9/29ファミリー・コンステレーション体験
  1dayワークショップ

〜たった1人の運命のパートナーと
 しあわせな結婚生活を続けていくための秘訣〜

  ・パートナーとの関係
  ・職場の人間関係
  ・家族関係

それぞれに調和の原則があります。

まず家族間の秩序崩壊を整えることで、
職場やパートナーとの関係性にも
時間の経過と共に相乗効果が現れます。

年内の1dayワークショップは
9/29(土)、11/17(土)、12/15(土)です。

↓詳細・お申込みは以下のリンクをクリックしてください。

https://www.reservestock.jp/events/289058

 

 

 

 

〜最新コラム、随時配信しています〜

*無料メルマガ【まんまる通信】

https://www.reservestock.jp/subscribe/287

 

 

  

 

*個別のご相談はこちらから

by ogawa ogawa クライアント事例

『出会う』はできても『続ける』『深める』が難しい方へ

こんにちは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。

《残席1名》
☆9/29ファミリー・コンステレーション体験
 1dayワークショップ
~たった1人の運命のパートナーと
    しあわせな結婚生活を続けていくための秘訣~
https://www.reservestock.jp/events/289058

〜『出会う』はできても、
『続ける』『深める』が難しい方へ〜

異性と出会うことはできても
たとえば相手からの連絡が滞った時、
自分も「この人でいいんだろうか?」と
迷い始めた時に、
立ち往生してしまって動けない・・・

そんなご相談をよく受けます。

事実、
出会った相手に対して、
起きる出来事に関係無く
自分から心を開き続けたり、
先に与えたり、
お互いを信頼し合いながら
関係性を深め続けていくためには
力が要ります。

本来は誰もが、
その力とつながっていますが、
様々な要因で、
本人がつながりを感じられていない時、
当然、その力を受け取って、
自分の人生で目の前にいる相手との関係性に
使っていくことはできません。

自分の方は、
「どんな自分も愛してほしい」
「ありのまま受け止めてほしい」
と望みながら、

相手に対しては、
相手がどうあっても無条件に愛する力も
ありのままの相手を受け止める力も無いこと。

その事実を認めることは、
少なくとも
自分の無力さを感じたくないばかりに、
相手のせいにしてすぐに関係を断ち切ったり、
他の異性に逃げ場を求め続けるよりは
よほど健全で前向きな第一歩です。

そこで初めて、

「なぜ今の自分にはこんなにも
目の前のたった1人に与える力が無いのか?」

に立ち返ることができます。

最新メルマガでは、
その問いに対する1つの回答として、
男女双方に共通している
”ある思い違い”について
取り上げていますので
是非ご覧くださいませ。

〜最新コラム、随時配信しています〜

*無料メルマガ【まんまる通信】

https://www.reservestock.jp/subscribe/287



 

 

 

《より詳しく学びたい方はこちらから》

☆9/29ファミリー・コンステレーション体験
  1dayワークショップ

〜たった1人の運命のパートナーと
 しあわせな結婚生活を続けていくための秘訣〜

 

  ・パートナーとの関係
  ・職場の人間関係
  ・家族関係

それぞれに調和の原則があります。

まず家族間の秩序崩壊を整えることで、
職場やパートナーとの関係性にも
時間の経過と共に相乗効果が現れます。

年内の1dayワークショップは
9/29(土)、11/17(土)、12/15(土)です。

↓詳細・お申込みは以下のリンクをクリックしてください。

https://www.reservestock.jp/events/289058

 

 

  

 

*個別のご相談はこちらから

Top