ブログ

by ogawa ogawa クライアント事例

その優しさでは報われない理由

 

 

こんにちは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。

 

 

 

 

〜その優しさでは報われない理由〜

 

 

前回の続きです。

 

 

今回のYさんとお母さんの関係において、
先に「自分を責めている(罪悪感を感じている)」のは、
実はお母さんです。

 

 

そして、
お母さんがそうなっている大元の理由は、
Yさんが生まれるよりも前にあって、
Yさんの手に負えるものでもありません。

 

 

でも、
子供時代のYさんには、
まるでお母さんの状態が
自分次第で思いのままに変えられるもの
であるかのように感じられます。

 

 

辛そうなお母さんの姿を見る度に、

 

「お母さんの状態のは私のせい」

 

だから、

 

「私がお母さんの苦しみを取り除いてあげれば
お母さんはもっと元気になってしあわせになれるはず」

 

という大きな勘違いをしたまま、
お母さんの傍で無意識の内に、
お母さんの苦しみを背負って生きていこうとします。

 

 

つまり、
Yさんの本当の目的は、
「お母さんを攻撃したい」んじゃなくて、
お母さんの苦しみを肩代わりしたい」です。

 

 

でも、
Yさんの今までのやり方では、
その深い愛情や優しさがお母さんに届くことも
報われることも決してありません。

 

 

ただただ永遠に、
本当は愛してやまないお母さんを
自分でもわけが分からないまま
攻撃したい衝動に駆られ、
『親不孝な悪者のレッテル』を
貼られ続けるだけです。

 

 

それに対して、
どうにかしたいと思っても、
自分に起きていること自体が自覚できず
何をどうしていいかも分からない・・・

 

 

この状態のYさんの心の痛みは
どれほどのものとなっているか?
簡単に言葉では言い表せないほどです。

 

 

まんまる婚実践グループトレーニングは、
今回ご紹介したYさんのように
ご本人自身もすっかり誤解しているけれど、
本当は親思いの優しい方々の愛情深さが、
家族やパートナーも含めた『大好きな人たち』にちゃんと届いて、
みんながしあわせになる結婚生活を実現していくためのプログラムです。

 

 

その中で扱う学びや体験は、
今まで皆さんが『パートナーシップ講座』と聞いて
思い描いてきたたものとは全く違うかもしれません。

 

 

ですが、
既に体験を通して学び続けてきた0期メンバーの皆さんや、
先に1期に入り実践をスタートしている皆さんからは、
今まで恋愛・婚活セミナーや心理学、セラピーを
散々渡り歩いてきた方々ほど、
「ここでようやく最後にできました」
と喜びの声をいただいています。

 

 

少しでも関心のある皆さんは是非、
現在、割引価格で実施中の個人セッションにて
お気軽にご相談ください😊

 

 

〜公式サイトオープン記念〜
🌸期間限定個別相談、実施中です🌸

*個人セッション
https://www.reservestock.jp/page/reserve/360

 

 

 

🌸まんまる婚をはじめよう🌸
たった1人の伴侶と夫婦になっていくプロセスを
楽しみ続けたい方のための実践プログラム
【まんまる婚実践グループトレーニング1期】
https://resast.jp/events/337842

 

 

😊より深い学びはこちらから😊
☆無料メルマガ
まんまる通信
http://www.reservestock.jp/subscribe/287

by ogawa ogawa クライアント事例

目に見えることとエネルギー的に起きていることは全然違う

 

こんにちは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。

 

 

30代後半女性クライアントYさんのお話です。

 

「今までの人生で一度も、
 まともにお付き合いした異性がいない」

 

というYさん。

 

容姿や性格に問題があるのか?と言うと、
全くそんなことはなく、
清楚で心の優しさが伝わる素敵な女性です。

 

もうすぐ40歳を目前に控え、
本当にこのままでいいのだろうか?
という疑問を感じたことを機に、
勇気を出して対面個人セッションを
申込されたそうです。

 

Q、「家族関係はどうですか?」

 

と確認していくと、

 

A、「お母さんへの攻撃がやめられないんです」

 

何でもYさんは今現在、
お母さんと2人暮らしなのですが、
日常生活の細々したことに対して、
お母さんの落ち度にイライラし、
衝動的に辛辣な言葉を
投げつけているのだそうです。

 

お母さんもその度に、

 

「早く家を出て行きなさい!」

 

とYさんの態度に激怒し、

 

Yさんもお母さんの怒りを受けて、
ますます煽られるかのように
怒りがヒートアップしていき、
お互いに罵り合う大喧嘩に・・・

 

Yさんは何度も家を出ようと思いながら、
最終的な行動には至らないまま
ここまで来ていました。

 

もちろん私のブログやメルマガを読んでいるため、
「親に感謝しないと」と何度も反省するそうですが、
気付くとまた罵り合いに入っている、
そしてそんな自分を止められないことに
悩まれていました。

 

実はこのケース、
『親に辛辣な言葉を投げつける』
というYさんのしていることは、
一見、親不孝で悪者のように見えますが、
 本人自身の中で起きていることは
むしろ真逆です。

 

「そうすることが、
親の役に立っている」

 

という風に、
Yさんの深い部分では感じられているんです。

 

どんなにやめたくてもやめられないのは
そのためです。

 

次回は、

『ここで起きていることの本質は何か?』

について更に踏み込んで書いていきます。

 

(つづく)

 

 

 

 

🌸お知らせ🌸

現在進行中のまんまる婚実践グループトレーニング1期。
初回の日程が合わなかった方からお問い合わせをいただき、
追加で初回(2日間)を開催する運びとなりました。

日時は 5月25日(土)10:00〜17:30

5月26日(日)10:00〜18:30 です。

土日の2日間両方参加で初回となります。
本日、全スケジュールと詳細を記載した
新しい募集ページを公開いたしました。
そちらに1期生のEさんの実体験ストーリーを
合わせてご紹介しています。

 

”理想通りのパートナーと
結婚したはずだったのに・・・”

 

”離婚を経て次こそは上手くいく相手を
選んだはずだったのに・・・”

 

なぜ2度の結婚のどちらでも
Eさんはお別れに至る道を
進むことになったのでしょうか?

 

Eさんと同様に、
離婚を経験された方だけでなく、
今現在、夫婦の向き合い方を模索中の方にも、
まだ結婚をしたことのない方にも、
これからパートナーと出会いたい方にも、
役立つヒントが満載です。

↓    ↓    ↓

〜まんまる婚をはじめよう〜

たった1人の伴侶と夫婦になっていくプロセスを
楽しみ続けたい方のための実践プログラム
【まんまる婚実践グループトレーニング1期】
https://www.reservestock.jp/events/337842

 

 

 

🌸グループトレーニングについての個別相談も受け付けています🌸

公式サイトオープン記念価格個別相談実施中🎵

*個人セッション
https://www.reservestock.jp/page/reserve/360

 

 

😊より深い学びはこちらから😊
☆無料メルマガ
まんまる通信
http://www.reservestock.jp/subscribe/287

 

夫婦になっていくプロセス。

※今日の画像は映画.comさんからお借りしました

 

 

こんにちは。

パートナーシップ専門コーチ

小川幸子です。

 

 

 

『この世界の片隅に』

 

 

 

個人セッションやグループトレーニングで、

クライアントの皆さんに

オススメする映画です😊

 

 

 

 

私がこの映画を通して、

クライアントの皆さんと共有したいことは、

私たちの祖父母や曾祖父母の若かりし頃でもある

戦前・戦中の日本人にとっての結婚観です。

 

 

 

この画像は物語の主人公・すずさんと、

伴侶となる周作さんの結婚式の場面ですが、

いわゆるイマドキの結婚式のような

ラブラブハッピー感💕は皆無です。

 

 

 

そして、

戦後生まれの女性の多くは、

ラブラブに見えない結婚を一方的に、

【不幸と不自由の象徴】のようにとらえています。

 

 

 

「かわいそうな人たち」

 

 

「ああなりたくない」

 

 

「なんで結婚するのか分からない」

 

 

「私はいつもラブラブでいたい」

 

 

「だから自分が本当に好きな人といたい」

 

 

「私が好きになれない人はヤダ」

 

 

「私が魅力を感じられない人はヤダ」

 

 

「私の理想が叶わない人はヤダ」等々。

 

 

 

でも、その一方で、

自分から見える不幸を排除し続けて、

対極にある理想に執着し続けようとする人たちほど、

いざ結婚したくてもなかなかできなかったり、

実際に結婚しても伴侶やその家族の欠点が許せずに

安らぎやしあわせを感じられなかったり、

時間が経てば経つほどに、

一番の望みがどうしても叶わない人生を

送ることになっていく現実があります。

 

 

 

ちょうど映画の中に登場した

周作さんのお姉さんが、

”私の人生は私個人の自由で、

すべて自分の思い通りにできる”

と言わんばかりに、

当時の女性の最先端をいく洋服に身を包み、

自由恋愛の末に結婚をした後の展開が、

何か暗黙の教訓のようにも感じられます。

 

 

 

これは恋愛結婚を否定しているんじゃなくて、

結婚して夫婦になっていくということは、

一気に完成形にスイッチするようなものではなく

時間をかけて少しずつ積み重ねていくプロセスが

本当の醍醐味だということがわからなくて、

目的がズレたまま苦しみ続けている人が

多いように見えるということです。

 

 

 

そもそもこの世界に、

最初から夫婦だった人たちなんていないし、

 

 

 

だからこそ、

目の前で起きることに1つ1つ向き合いながら、

夫婦になっていくプロセスを積み重ねていって、

少しずつ夫婦になっていきます。

 

 

 

そこで、

『絵に描いた誰かのような理想のしあわせ』

にばかりとらわれていると、

一番大切な今目の前にある自分自身のプロセスに

全力で抵抗し続けることに必死になって、

そうとは知らないままただ自分を疲れさせて

かけがえのない時間を失っていく一方です。

 

 

 

そこから抜けて、

今の自分の人生にあるものに気付き、

満たされながら進む先に繋がるご縁を

大切に受け取って、

少しずつ夫婦になっていくプロセスを

楽しんでいきたいという方は是非、

一定期間の継続トレーニングを通して、

ご一緒していきましょう😊

 

 

 

 

🌸お知らせ🌸

現在進行中のまんまる婚実践グループトレーニング1期。

初回の日程が合わなかった方からお問い合わせをいただき、

追加で初回(2日間)を開催する運びとなりました。

 

日時は 5月25日(土)10:00〜17:30

5月26日(日)10:00〜18:30 です。

 

土日の2日間両方参加で初回となります。

また近日中に改めて、

全スケジュールと詳細を記載した募集ページを

ご案内いたします。

気になっていた方はどうぞ

日時を確保しておいてください🎵

 

 

 

 

〜個別のご相談はこちらからどうぞ〜

🌸4月限定割引実施中です🌸

*個人セッション
https://www.reservestock.jp/page/reserve/360

 

 

 

 

 

😊より深い学びはこちらから😊
☆無料メルマガ
まんまる通信
http://www.reservestock.jp/subscribe/287

別れを後押しするときと別れないことを後押しするとき

こんにちは。

パートナーシップ専門コーチ

小川幸子です。

 

 

 

すっかり春ですね🌸

 

 

 

毎月恒例の夫婦会議、

4月は夫婦で桜を撮りに行ってきました。

 

 

 

・・・のはずが、ネコがメインになっている夫の写真😆

 

 

夫の視界やセンスは私にとってとても新鮮で、

改めてそういう所も含めて大好きだなぁと感じました。

 

 

結婚して7年目に入っても、

日々、お互いに新鮮な驚きやトキメキを感じながら、

なおかつ絶大な安心と共に穏やかに生活できる日常が

何よりもしあわせな今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

『別れを後押しするときと、

 別れないことを後押しするとき』

 

 

 

恋愛や結婚生活にまつわるご相談の中で、

クライアントの皆さんがもっとも悩むポイントが、

 

 

「本当にこの人でいいんだろうか?」

 

 

「別れた方がいいのか?別れない方がいいのか?」

 

 

です。

 

 

 

ご本人自身が心から、

「しあわせなパートナーシップを築きたい」

「愛が深まり続ける結婚生活を送りたい」

と望んでいるのであれば、

一通りお話を聴いた上で私から、

 

 

「きちんとお別れするときですね」

 

 

と後押しするときもあれば、

逆にご本人は別れを決意していても、

 

 

「あなたから別れを決めるのは違います」

 

 

とお伝えすることもあります。

 

 

 

今現在の私は、

《困難を理由に目の前の関係性から逃げずに、

乗り越えるプロセスでより愛と絆を深めていける》

という方向性のメッセージを出していますが、

もちろんそれは、

相手が誰彼かまわずに、ということではありません。

 

 

 

たとえば、

「パートナーが欲しい」

「結婚したい」の動機が、

《孤独から逃げたい》

という人たちがいます。

 

 

周りはどんどん結婚して

家族が増えて、

しあわせになっているのに、

自分だけが取り残されて

1人になっちゃうかもしれない・・・

 

 

そんなの寂しくて耐えられない・・・

 

 

1人ぼっちになりたくない・・・

 

 

 

ご本人が実際に感じているのが

自分にとっての不都合な状況に対する

不安や怯えや恐れであるとき、

どんなに口では、

「自分を大切にしてくれる人としあわせな結婚をしたい」

と言っていても、

実際に惹かれてしまうのは、

それが夢でも空想でも痛みでもいいから、

1人ぼっちで孤独な自分から逃避させてくれる相手です。

 

 

既婚者や彼女がいる相手や、

自分を大切に扱う気がない相手にばかり惹かれる女性は、

特にその傾向が強く現れます。

 

 

「私は誰にも必要とされていないんじゃないか」

「誰からも好かれていないんじゃないか」

「誰の役にも立っていないんじゃないか」

「私だけが誰とも繋がっていないんじゃないか」

 

 

そんな孤独への恐怖から引き合う相手は、

同じように孤独への恐怖を持っているので、

最初は磁石が引き合うように、

似た者同士で傷を舐め合いながら、

お互いに強力な味方を得たような気持ちになります。

 

 

でも、

そもそもが2人とも

《不都合から逃げたい者同士》なので、

結婚して家族として繋がっていく段階に差し掛かると、

途端にギクシャクして停滞し始めていきます。

 

 

私の元にご相談に訪れる方々は、

大抵の場合、自分が孤独から逃げたくて、

今の相手と引き合っている自覚はありません。

 

 

だからこそ、

「別れた方がいいのか?別れない方がいいのか?」

と悩まれます。

 

 

でも、

今もっとも大切なことは実はそこではなく、

たとえ目の前の相手と別れようが別れまいが、

ご本人自身が恐れで動き続けている限りは、

どうしようもなく同じような相手にばかり惹かれて、

どうしようもなく堂々巡りするだけという事実を

認めることができるかどうかです。

 

 

まずはそこを認めて、

今までとは違う動機で動き続けていくとき、

ご縁の無い離れる相手とは離れていき、

再び出会い直せる相手とはその機会が訪れます。

 

 

 

〜より詳しいご相談はこちらからどうぞ〜

🌸4月限定割引実施中です🌸

*個別のご相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve/360

 

 

 

 

😊より深い学びはこちらから😊
☆無料メルマガ
まんまる通信
http://www.reservestock.jp/subscribe/287

by ogawa ogawa クライアント事例

義理のお母さんに対するイライラの正体

 

こんにちは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。

 

 

先日の号外メルマガにて、
まんまる通信の読者を対象とした
個別相談の追加募集をおこなった所、
定員を上回るお申込みをいただきました。

 

 

皆さん、ありがとうございました。

 

 

また来年以降、
突然やるかもしれませんので、
「次回こそ」という方は是非、
メルマガをチェックしていてくださいね^^

 

 

さて。

 

 

今回の個別相談を通して、
面白いなぁと感じた現象がありました。

 

 

実は4年程前に、
私の継続セッション受講者同士の
グループコーチングを通して意気投合された
3名のクライアントさん達がいます。

 

 

彼女達は3人共、
初めて別々に相談に訪れた際は、
結婚したいけどパートナーができない
(できても大切にされなかったり続かない)
という悩みを抱えていましたが、

 

 

個人セッションとグループの場を
各自で最大限に活用しながら、
自分自身と向き合い続けた先に、
ほどなくして1人に素敵な出会いがありました。

 

 

その1人があっという間にプロポーズをされて
結婚し、
子供を授かりママになり、
その後次々と他の2人もパートナーと出会い、
結婚し、今は全員がママになっている
という3人なのですが、

 

 

その3人が今回全く同時に、
何も示し合わせていないのに、
個別相談の募集に申込みをされたのです。

 

 

3人の相談内容は、
それぞれ直面している出来事は違うけれど、
本質の部分では繋がっていて、
私から最終的に伝えたことも同じでした。

 

 

そしてその内容については、
1人で学ぶよりも数人で深め合っていく方が
いいだろうな・・・と思っていた所、
なんと3人が近々集まって、
それぞれが個別相談で学んだことを
シェアし合う会を自主開催するのだそう!

 

 

素晴らしいチームワークですね。

 

 

今現在、進行中の
まんまる婚実践グループトレーニングでも
感じていたことですが、
やっぱり『グループの力』は偉大です。

 

 

そして、もうすぐ11/17(土)に、
そんな『グループの力』を体感できる
体験1dayワークショップが開催されます。

 

 

関心を寄せてくださっていた方は是非、
この機会にご参加ください。

 

~たった1人の運命のパートナーと
しあわせな結婚生活を続けていくための秘訣~

☆11/17ファミリー・コンステレーション体験
1dayワークショップ
https://www.reservestock.jp/events/297128

 

 

 

 

【義理のお母さんに対するイライラの正体】

 

 

冒頭にも出てきた3人のママの内、
一番最初にママになった
30代女性クライアントAさんの事例です。

 

 

現在、第二子を妊娠中のAさん。

 

 

義理のお母さんとの同居生活は、
Aさん自身も賛成した上で、
決まったことではありました。

 

 

が、
3歳になる長女の教育方針や、
家事のやり方、
また根本的な考え方や性格等に、
相容れないものを感じる日々の中で、

 

 

Aさんに疲れが溜まっている時などは、
義理のお母さんの一言一言にイライラ。。

 

 

ご主人の帰りは仕事で遅くなり、
会話をする時間もほぼ無い状態で、
1人でストレスを抱え込んだAさんは、
良くないと分かりながらつい、
長女にキツくあたってしまうことも
あるそうです。

 

 

今回のご相談のキッカケは、
夜の10時過ぎに
義理のお母さんが長女に対して、
揚げ物や重たいものを食べさせていたとき。

 

 

(せっかく私が娘の健康のために気を付けてきたのに!
やめてほしい!)

 

 

『心の中で強い反発とイライラを感じるAさん

VS

全く気にせずマイペースで
ざっくばらんな性格の義理のお母さん』

 

 

・・・と、
このような構図で事態を見ている間、
実はここで起きていることの本質が
見失われていきます。

 

 

Aさんは相談前、
この問題は自分自身とお母さんの性格や考えが
違い過ぎて合わないからだと思っていました。

 

 

また、
自分は母親としての責任があるけれど、
『おばあちゃん』は孫を無責任に愛せるからだと。

 

 

もちろんそれらも関係あるかもしれませんが、
今一番大切なのはそこではないんです。

 

 

ここで起きている真相は、

『義理のお母さん

VS

Aさんの実のお母さん』

 

 

という構図のバトルが勃発していて、
Aさんの中ではまだ、
実のお母さんが勝っている状態なんです。

 

 

つまりAさんが反発しているのは、
『実のお母さんだったら
やらないことを平気でする人』
であって、

 

 

自分と意見が合わない、というよりも、
実のお母さんと真逆な義理のお母さんに対して、
適切な関わり方が分からない状態です。

 

 

なぜ分からないのか?

 

 

それは今のAさんが、
『嫁ぎ先の嫁』ではなくて、
『実家の娘』の感覚が強いからです。

 

 

『嫁ぎ先の嫁』よりも
『実家の娘』の感覚が強い人にとって、
実のお母さんと真逆の義理のお母さんを認めることは
無意識下で自分のお母さんを否定することのように
感じられます。

 

 

本来味方で協力し合う相手であるはずの
義理のお母さんと張り合おうとしたり、
上から目線で見下したり、
理想通りでない相手を変えたくなるから、
必要以上に疲弊しイライラするのです。

 

 

その状態のままで、
結婚生活(ましてや姑との同居生活)を
続けていくことは、
誰よりも一番Aさん本人が
辛くなる一方です。

 

 

そして、
どんなにAさんが娘のためを思って、
気を付けて育てようとしても、
当の娘にとっては、
おばあちゃんとお母さんの仲が悪いことの方が
よっぽどストレスを感じます。

 

 

今回Aさんが相談されたテーマのお悩みは、
実は多くのママ達が感じている悩みでもあります。

 

 

また、
Aさんでいう所の『お姑さん』が
『職場の上司』に入れ替わったお悩みも
ここの所、とても多いです。

 

 

そして、
もし似たようなお悩みを感じている方がいたら、
何よりもまず自覚してほしいこと。

 

 

それは、

 

 

”結婚した後も、
『実家の娘であること』を
優先し続けようとする自分に対して、
特に問題意識を感じていないこと”

 

 

今の自分がそうなっていることの方が、
お姑さんをどうこうすることよりもずっと、
本人やこれから育つお子さんにとって
重要なテーマだということです。

 

 

=====================

~たった1人の運命のパートナーと
しあわせな結婚生活を続けていくための秘訣~

☆11/17ファミリー・コンステレーション体験
1dayワークショップ

・パートナーとの関係
・職場の人間関係
・家族関係
それぞれに調和の原則があります。

まず家族間の秩序崩壊を整えることで、
職場やパートナーとの関係性にも
時間の経過と共に相乗効果が現れます。

詳細・お申し込みは以下のリンクをクリックしてください。

https://www.reservestock.jp/events/297128

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

by ogawa ogawa クライアント事例

『無いものを手に入れるしあわせ』と『あるものに気付くしあわせ』は全然違う

こんにちは。

パートナーシップ専門コーチ

小川幸子です。

 

 

 

☆お知らせ

〜メルマガ読者限定の個別相談をスタートします〜

詳細・受付スタートは、

来週のメルマガでおこないますので、

是非チェックしてくださいね^^

*無料メルマガ【まんまる通信】

https://www.reservestock.jp/subscribe/287

 

 

 

【『無いものを手に入れるしあわせ』と

『あるものに気付くしあわせ』は全然違う】

 

 

 

先週末は土日の2日間をかけて、

まんまる婚実践グループトレーニング

集合クラス第3回目と第4回目を

開催しました。

 

 

 

台風が近付いていた中、

遠方からの参加者さん達もいて、

全員が無事に帰れるかどうか・・・

心配な場面もありましたが、

2日間通して大きな暴風雨に見舞われることもなく

各自で機転を利かせて早目に帰宅した方々も

全員が無事に帰り着けたということにも

本当に大きな感謝を感じています。

 

 

 

初日のファミリー・コンステレーション1dayワークショップも、

2日目の1dayグループ講座も、

それぞれの日に集まったメンバーの内、

1人でも欠けていたら実現し得なかった

貴重な学びと体験の場となりました。

 

 

 

参加者の皆さんからは、

 

 

・母親とのケンカが無くなった

 

・連絡が取れない彼とのお付き合いを終える決断ができた

自分の未来にはきちんと出会えるパートナーがいると分かった

 

・見下し続けてきた父に対する感謝と敬意を感じるようになった

→自分も父親のように家族を守れる男性になりたいと思えた

→元妻にやり直したいという自分の素直な気持ちを伝えた

 

望んだ通りの誠実なパートナーと出会いお付き合いを申し込まれた

 

・結婚したいと思えるパートナーと出会いお付き合いが始まった

→ずっと母の理想を押し付けられて干渉され続けてきたのが、

 ワークショップで働きかけを受けた翌日から、

「あなたに任せる」「見守っている」と言われるようになった

 

・恐れが無くなった

 

・愛と祝福は最初から手元にあることを

体験する機会があった

 

・返事がこない彼に対して、

「私の気持ちは変わらないこと」

「彼の選択を待つこと」を自分から伝えた

 

・仕事で責任を取ることが楽しくなった

→700人の中から1人だけの役割に抜擢された

 

・自分だけの世界にいたのがそこから出た

→生きる力を受け取れるようになったetc・・・

 

 

 

内側と外側における

着実な変化のご報告を

いただいています。

 

 

 

今日はその中から、

30代女性クライアントWさんの

気付きと変化のご報告をこちらで紹介いたします。

 

 

↓      ↓      ↓

 

 

========================

 

私にとっての一番大きな変化は、

『欲しいものが手に入ることをしあわせ』

だと思っていた人生から、

『あるものに気付いてそれに幸せを感じられる人生』

に変わったことです。

 

 

こじつけでしあわせと感じるのではなく、

そもそも持ってないものに

とらわれていたことに気付きました。

 

 

以前は安心感を感じられなかった実家や母の前で、

今は安心できるようになりました。

 

 

戻れる場所がある

親がいる

そもそもそれがあるから

私は無いものをしあわせだと思って

欲しがれていたんだと分かってきました。

 

 

今回のグループトレーニングの

2日目で教えていただいた

『結婚の歴史と日本人の結婚』。

学ぶことができて、

女性として本当にありがたいと思いました。

 

 

今もお話が心に残っていて、

パートナーだけでなく、

義理のお母さん、

そして相手の家族との絆も育むことが

どれだけ自分の助けになるか、

家族関係の調和の法則の自然な流れ、

営みに涙が出るほど感動しました。

 

 

そしてやっぱり、

人への感謝の気持ちが出てくると、

自分を産み出してくれた両親、

想像を絶する運命を生き抜いた祖父母に対しての

感謝に還っていくことを実感しています。

 

========================

 

 

大切な気付きを分かち合ってくださって

ありがとうございます。

 

 

 

『今あるものに気付いて、

感謝を感じられるようになること』

 

 

 

中にはそんな風に聞くと、

 

 

”もしそうなってしまったら、

今の自分の望みは叶わないんじゃないか?”

 

“どうでもよくなって、

諦めてしまうんじゃないか?”

 

 

という恐れを抱く方もいます。

 

 

 

でも、

私はそれは全く違うと感じています。

 

 

 

例えば、

「結婚したい」

という望みがあるときに、

 

 

 

「結婚すればしあわせになれる」

という状態の自分と、

 

 

 

「今あるものに感謝を感じている」

という状態の自分とでは、

 

 

 

結婚相手として魅力を感じる異性が

全く変わってきますし、

 

 

 

更に、

仮に今どんなに別れの危機が迫っている相手だとしても、

今までの自分が相手に求め続けてきたものが

そもそもズレていたと気付くことで、

同じ相手とより深い関係性を築いていくために

自分の潜在能力を発揮していくこともできます。

 

 

 

「相手が自分を大切にしてくれない」

「粗末に扱われている気がする」

といった悩みを抱えている人たちの多くが、

”《目の前の相手》を見るよりも

《憧れの誰かのようなしあわせ》等、

今の自分に無いものばかりを見ている”

という自分の姿に気付かないまま、

《私は彼のことが好きなのに彼は何も分かってくれない》と、

無自覚の内にどんどんドツボに入っていきます。

 

 

 

「結婚すればしあわせになれる」

という原動力は、

”自分だけが頑張っている”という

自己満足感は感じられますが、

根本的な部分の感謝が無いため、

結婚したらしたでまた何かしら

「今無いものがあればしあわせになれる」

を繰り返し続けるループから降りることができません。

 

 

 

もしも今現在、

今までの自分にとって良かれと思ってやったことが

裏目に出ることが増えている気がする方、

結婚前に知っておきたいパートナーシップの法則を

学びたい方は是非、

まんまる婚実践グループトレーニングにご参加ください。

 

 

 

次期開催は来年2月を予定しています。

 

 

 

また、次期開催までの期間に、

実際のグループの場でやっていることを体験できる場が、

ファミリー・コンステレーション体験1dayワークショップです

 

 

 

次の開催は11/17(土)です。

皆さんに直接お会いして、

お話できることを楽しみにしています^^

 

 

 

☆11/17ファミリー・コンステレーション体験
  1dayワークショップ

〜たった1人の運命のパートナーと
 しあわせな結婚生活を続けていくための秘訣〜

  ・パートナーとの関係
  ・職場の人間関係
  ・家族関係

それぞれに調和の原則があります。

まず家族間の秩序崩壊を整えることで、
職場やパートナーとの関係性にも
時間の経過と共に相乗効果が現れます。

年内の1dayワークショップは
11/17(土)、12/15(土)です。

お申込み受付はしばらくお待ちくださいませ。

 

 

 

 

〜最新コラム、随時配信しています〜

*無料メルマガ【まんまる通信】

https://www.reservestock.jp/subscribe/287

 

 

  

 

*個別のご相談はこちらからどうぞ


by ogawa ogawa クライアント事例

Q&A「別れた相手にどうしても感謝できません」

こんばんは。

パートナーシップ専門コーチ

小川幸子です。

 

 

 

 

〜『素敵な彼を探す』んじゃなくて、
 『素敵な彼にふさわしい自分』でいれば当然出会えます〜

☆ファミリーコンステレーション体験
 1dayワークショップ

《たった1人の運命のパートナーと
 しあわせな結婚生活を続けていくための秘訣》

https://www.reservestock.jp/events/289058

 

 

 

 

【Q&A、別れた相手にどうしても感謝できません】

 

 

「Q、別れた相手にも感謝と敬意を持つことを教わり、

婚約解消になった前の彼にも感謝しようと思ったのですが、

その彼を思い出すと怒りの方が湧き出てきて、

どうしても感謝できません。

 

最近、新しい出会いがあり、

お付き合いを申し込まれたところですが、

まだ前の彼に未消化が残っている感じがしています。

どうしたらいいでしょうか?

 

40代女性クライアントSさん」

 

 

 

 

A、

 

『感謝とは自分にとって都合の良いことだけにするもの』

だと思っていませんか?

 

 

過去メルマガ

まんまる通信vol.283【麻薬のような彼】

ご紹介したIさんの事例のように、

 

 

『辛いことがあったけれど、

 だからこそもう本気で、

 自分も相手も大切にしあえるお付き合いが

 できる自分になりたいと思えた』等、

 

 

今までは疑問も感じなかった自分の在り方に

苦痛を感じられるようになったことで

そこを卒業する機会を得られた、

という感謝もあります。

 

 

それはその彼との出会いもお付き合いもお別れも

すべてを含めた体験に対する敬意に繋がります。

 

 

過去のお付き合い相手を恨んでいる時、

目に見えない部分では同時に

その相手と付き合った自分自身に対する

否定や拒絶が起きています。

 

 

そんな風に自分で自分を否定したままで

受け取ることができる新しい出会いは、

相手がどういう人なのか?ということ以前に、

本人自身が自分がどう感じているのかが

よく分からなかったりします。

 

 

 

また、

どんなに怒りを感じる別れ方だったとしても、

始まった時はSさんも合意したからこそ、

そのお付き合いはスタートしたはずです。

 

 

その時のSさんがどんな動機で、

彼とのお付き合いをスタートしたのか?を、

改めて冷静に振り返ることで、

今回の結果に至った原因の内、

Sさん側の責任について向き合うことができます。

 

 

その彼を選んだ動機が分かり、

自分側の責任について事実を認められたら、

次に活かせる気付きや学びが必ず見つかりますし、

本来自分にできることを放棄する手段として、

いつまでも怒り続ける必要は無くなります。

 

 

 

 

☆9/29ファミリー・コンステレーション体験
  1dayワークショップ

〜たった1人の運命のパートナーと
 しあわせな結婚生活を続けていくための秘訣〜

  ・パートナーとの関係
  ・職場の人間関係
  ・家族関係

それぞれに調和の原則があります。

まず家族間の秩序崩壊を整えることで、
職場やパートナーとの関係性にも
時間の経過と共に相乗効果が現れます。

年内の1dayワークショップは
9/29(土)、11/17(土)、12/15(土)です。

↓詳細・お申込みは以下のリンクをクリックしてください。

https://www.reservestock.jp/events/289058

 

 

 

 

〜最新コラム、随時配信しています〜

*無料メルマガ【まんまる通信】

https://www.reservestock.jp/subscribe/287

 

 

  

 

*個別のご相談はこちらから

by ogawa ogawa クライアント事例

『出会う』はできても『続ける』『深める』が難しい方へ

こんにちは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。

《残席1名》
☆9/29ファミリー・コンステレーション体験
 1dayワークショップ
~たった1人の運命のパートナーと
    しあわせな結婚生活を続けていくための秘訣~
https://www.reservestock.jp/events/289058

〜『出会う』はできても、
『続ける』『深める』が難しい方へ〜

異性と出会うことはできても
たとえば相手からの連絡が滞った時、
自分も「この人でいいんだろうか?」と
迷い始めた時に、
立ち往生してしまって動けない・・・

そんなご相談をよく受けます。

事実、
出会った相手に対して、
起きる出来事に関係無く
自分から心を開き続けたり、
先に与えたり、
お互いを信頼し合いながら
関係性を深め続けていくためには
力が要ります。

本来は誰もが、
その力とつながっていますが、
様々な要因で、
本人がつながりを感じられていない時、
当然、その力を受け取って、
自分の人生で目の前にいる相手との関係性に
使っていくことはできません。

自分の方は、
「どんな自分も愛してほしい」
「ありのまま受け止めてほしい」
と望みながら、

相手に対しては、
相手がどうあっても無条件に愛する力も
ありのままの相手を受け止める力も無いこと。

その事実を認めることは、
少なくとも
自分の無力さを感じたくないばかりに、
相手のせいにしてすぐに関係を断ち切ったり、
他の異性に逃げ場を求め続けるよりは
よほど健全で前向きな第一歩です。

そこで初めて、

「なぜ今の自分にはこんなにも
目の前のたった1人に与える力が無いのか?」

に立ち返ることができます。

最新メルマガでは、
その問いに対する1つの回答として、
男女双方に共通している
”ある思い違い”について
取り上げていますので
是非ご覧くださいませ。

〜最新コラム、随時配信しています〜

*無料メルマガ【まんまる通信】

https://www.reservestock.jp/subscribe/287



 

 

 

《より詳しく学びたい方はこちらから》

☆9/29ファミリー・コンステレーション体験
  1dayワークショップ

〜たった1人の運命のパートナーと
 しあわせな結婚生活を続けていくための秘訣〜

 

  ・パートナーとの関係
  ・職場の人間関係
  ・家族関係

それぞれに調和の原則があります。

まず家族間の秩序崩壊を整えることで、
職場やパートナーとの関係性にも
時間の経過と共に相乗効果が現れます。

年内の1dayワークショップは
9/29(土)、11/17(土)、12/15(土)です。

↓詳細・お申込みは以下のリンクをクリックしてください。

https://www.reservestock.jp/events/289058

 

 

  

 

*個別のご相談はこちらから

by ogawa ogawa クライアント事例

モテるよりもしあわせなこと②

こんにちは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。

 

 

 

前回の続き
30代女性クライアントIさんの
体験談です。

 

 

 

 

その後、
好意を寄せてくれた4人の内、
当時のIさんにとってもっとも強い吸引力を感じた
憧れのステータスを持つAくんと本音で向き合い続けた結果、
「しあわせな結婚ができる相手ではない」
としっかり見極めて卒業。

 

 

 

それでもやっぱり、
Aくんから連絡があると、
会いに行きたくなるIさんもいたそうですが、
そこで流されることなく踏みとどまり、
それまで反発していた家族との関係を改善し、
まずは1人の生活を充実していった先に、
友達の紹介で出会った男性と惹かれ合い、
お付き合いをスタートしました。

 

 

 

そして、
ここからがIさんの成長ぶりが
うかがえるエピソードです。

 

 

 

Iさんよりも3歳年下の彼は、
職場の友達から
合コンの人数集めとして
誘われることもあり、
正直な彼はその都度Iさんに、
すべて報告をするのだそう。

 

 

 

過去のIさんはそんな時、
相手の浮気を心配したり、
本当にこの彼でいいのか
不安になりがちでしたが、
今回は、

 

 

『私は彼がどうあろうと、
もう彼以外は全く興味が無いから、
若い彼が落ち着くのを、
見守っていようと思います』

 

と、
どっしり冷静に構えて、
自分の本心を大切にして、
彼との信頼関係をゆっくり育み続けていきました。

 

 

その後、Iさんは、
周りの友達の結婚報告や出産報告のラッシュに
焦りを感じることも多々あったそうですが、
それでも彼と自分自身を信頼し続け、
2年間の同棲生活の末、
先日34歳の誕生日に
旅先で念願のプロポーズを受けました。

 

 

 

これはもう、
彼云々といった話ではなく、
”Iさん自身が
誰が何と言おうと、
今の自分に対してOKを出している”
ということに尽きます。

 

 

『相手が自分を大切にしてくれない』
『相手の浮気が心配』
ということばかりを考えている間は、
結局の所、

 

 

”本人自身が、
本当にその相手でいいかどうか
決め切れていない ”

 

 

ということです。

 

 

 

もし仮に、
今回のIさんのように、

『彼が合コンに行ってしまう』

他にも、

『彼がメールの返事をくれない』
『友達や仕事ばかり優先する』

という状況にあったとしても、
自分の方が、
『私は何があっても
この人と生きていく』
と決めていたら、
目の前の障害は2人にとって
別れる理由にはなりません。

 

 

 

でも、
最初から、
『本当にこの人(or私)でいいのだろうか?』
『もっとしあわせになれる相手がいるんじゃないのか?』
『自分だけ損するんじゃないか?』
という不安な気持ちがある場合、
相手の態度や起こる出来事が、

”やっぱりこの人じゃないかもしれない”

という答え合わせのようなものに
なっていきます。

 

 

 

その答え合わせをしている最中に、
自分の不安の隙間を埋めてくれるような
都合が良くて優しい相手に心移りして、
乗り換えることもあるかもしれませんが、
今までも何度もお伝えしてきたように、

 

 

『目の前の相手を信頼できずに、
不安の答え合わせをするのは自分自身』

 

 

である以上、
相手を変えても結局は、
同じ展開が繰り返されていきます。

 

 

 

Iさんのますます自分らしく、
大人の女性の余裕と
自信に満ちた笑顔を見ながら、
女性にとってのしあわせはやっぱり、
複数の異性を逃げ場にするよりも、

『自分が”この人以外にいない”
と思えるたった一人と、
嘘偽りなく本音で関わり、
お互いに大切にし合えること』

だと改めて実感した次第です。

 

 

 

そのような関係性を
築くことができるパートナーと出会い、
周りの人達の祝福と支えを受けて、
しあわせな家族を作っていきたい
と本気で望む皆さんは是非、
ワークショップや個人セッション等を
活用してください。

 

 

 

〜申込受付中〜

☆9/29ファミリー・コンステレーション体験
  1dayワークショップ

《たった1人の運命のパートナーと
 しあわせな結婚生活を続けていくための秘訣》

  ・パートナーとの関係
  ・職場の人間関係
  ・家族関係

それぞれに調和の原則があります。

まず家族間の秩序崩壊を整えることで、
職場やパートナーとの関係性にも
時間の経過と共に相乗効果が現れます。

年内の1dayワークショップは
9/29(土)、11/17(土)、12/15(土)です。

↓詳細・お申込みは以下のリンクをクリックしてください。

https://www.reservestock.jp/events/289058

 

 

 

☆過去のIさんが誰よりも強く惹かれた憧れのAくんは、
今になって振り返ると当時のIさんにとって、
『麻薬みたいな存在』だったのだそうです。
そんなAくんとの関係性を、
Iさんはどうやって卒業したのか?について、
メルマガで詳しくご紹介しています。

〜最新コラム『麻薬のような彼』配信しました〜

*無料メルマガ【まんまる通信】

https://www.reservestock.jp/subscribe/287

 

 

  

 

*個別のご相談はこちらから

 

by ogawa ogawa クライアント事例

モテるよりもしあわせなこと①

こんばんは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。

 

 

 

今日ご紹介するのは、
過去に継続パーソナルセッションを受講しながら、
グループの場にも繰り返し参加された
30代女性クライアントIさんの実体験です。

 

 

 

 

容姿端麗なIさんは、
道を歩くだけでも
男性に声をかけられること多数という
モテモテの女性。

 

 

 

周りから見ると、

「こんな美人が
恋愛に悩むなんて・・・」

と不思議に思うかもしれません。

 

 

 

でも美人やモテる人は、
仮に《恋愛》に悩むことは
ないとしても、
《結婚》となると話は別です。

 

 

 

過去のIさんは、
お付き合いしている男性から、
期待外れな言動や行動を受けると、

 

 

”私のことが本当に好きだったら
 もっと分かってくれるはずなのに”

 

 

と、
途端に不安な気持ちになり、
1人の相手を信頼して、
本音を伝え合いながら
長く続く関係性を築くことが
なかなかできませんでした。

 

 

 

相手の反応次第で
自分の気持ちが変わり、
好意を寄せてくれる男性も
魅力的な出会いもたくさんあるので、
なかなか1人に絞り切れません。

 

 

 

一時は、
医師や商社マンといった
4人の男性達から
同時に交際を申し込まれて、
悩んでいたIさんでしたが・・・

 

 

 

続きはまた明日
お届けいたします。

 

 

 

 

〜申込受付中〜

☆9/29ファミリー・コンステレーション体験
  1dayワークショップ

《たった1人の運命のパートナーと
 しあわせな結婚生活を続けていくための秘訣》

  ・パートナーとの関係
  ・職場の人間関係
  ・家族関係

それぞれに調和の原則があります。

まず家族間の秩序崩壊を整えることで、
職場やパートナーとの関係性にも
時間の経過と共に相乗効果が現れます。

年内の1dayワークショップは
9/29(土)、11/17(土)、12/15(土)です。

↓詳細・お申込みは以下のリンクをクリックしてください。

https://www.reservestock.jp/events/289058

 

 

 

 

〜最新コラム、随時配信しています〜

*無料メルマガ【まんまる通信】

https://www.reservestock.jp/subscribe/287

 

 

  

 

*個別のご相談はこちらから

 

Top