結婚相手とのセックスができない方へ

結婚相手とのセックスができない方へ

by ogawa

 

こんばんは。
 

まんまるパートナーシップコーチ
小川幸子です。
 

 

 

 

 

「結婚相手とのセックスができない」

 

 

 

これは、
何か身体的な理由や
物理的な問題で、
セックスができないということではなく、

 

 

 

 

「結婚相手に性的魅力を感じられない」

「異性として見ることができない」

「欲情しない」

つまり、

「結婚相手とのセックスが気持ちよくない」

というお悩みです。

 

 

 

 

パートナーのことは好きだし、
一緒にいて楽しいし安心感もある、
人として尊敬もしているんだけど、
もはや男女という感じではなくて、
セックスとなると、
なんだか嫌悪感すら感じてしまう・・・

 

 

 

自分が気持ちよくないのに
我慢をして無理やり
義務的にセックスしようとすると、
ただ苦痛なだけ・・・

 

 

 

徐々に、
「したくない」
「できない」
となっていくのは、
当然のこととも言えます。

 

 

 

 

以前、
このテーマについて、
30代女性クライアントOさんが、
こんな興味深いシェアを
してくださいました。

 

 

↓    ↓    ↓

 

 

==================

 

独身時代に、
「結婚したい」
という望みがあったとき、
物理的に1人だったので、
外側から見てもすぐに
「結婚してない」と
一目で分かってしまう状態でした。

でも、
結婚して主人と暮らすようになった今、
傍目には、
”何不自由ないしあわせそうな夫婦”
に見えているし、
夫婦のセックスに問題を感じながらも
どこか向き合う優先順位が
低くなっている気がします。

本当は悩んでいるし、
困っているんだけど、
誰にも言えずにどうにもできなくて、
後回しにして見ないフリをしている人が
多いんじゃないかと思います。
 

==================

 

 

 

これは確かに、
その通りかもしれませんね。

 

 

 

 

今は妊娠も、
人工授精や体外受精等、
セックス無しでもできる時代ですし、
子供が産まれたらより一層、
そちらに掛り切りになって、
なかなかそんな気になれない
というお話も多々うかがいます。

 

 

 

 

ですが、
セックスの悩みは外に出せない分、
解決できずに
他の問題にすり替わっていきます。

 

 

 

 

目には見えなくても、
2人の間の空気がトゲトゲしていき、
相手から受け取れなくなるほどに、
自分だけが被害者のような気持ちになり、
なじり合いの喧嘩が増えていきます。

 

 

 

 

そうこうしている内に、
ご主人の浮気が発覚したり、
奥さんの方に恋人ができたり、
「もう離婚したい」
という段階になって、
初めてご相談にくる方も多いです。

 

 

 

 

今日、
このコラムを書いているのは、
その段階に行く前に、
ご自身の受け止め方と取り組み次第で、
今は欲情できない結婚相手だとしても
お互いが気持ち良いと感じるセックスを
実現することは可能だということを
お伝えするためです。

 

 

 

 

そのためには、まず、
「結婚相手とのセックスができない」
というお悩みは、
『セックスの問題ではない』
ということに気付くことが大切です。

 

 

 

 

『安心して自分を開けない』

『信頼して委ねられない』

『パートナーに自分をさらけ出せない』

 

 

 

 

これはセックスの問題ではなくて、
まるで空気を吸うのと同じくらいに
当たり前に身に染み付いている『我慢癖』、
つまり自分自身の抑圧の問題なんです。

 

 

 

 

結婚相手との
お互いをさらけ出し合うセックスは
自分自身の抑圧からの解放です。

 

 

 

 

だからこそ、
たとえ無自覚であっても
抑圧度合いが強ければ強いほど、
結婚相手とのセックスに
拒絶や抵抗を感じる場面が
多くなっていきます。

 

 

 

 

そこに加えて世の中には、
様々な性の情報が氾濫していて、
『快楽を与えてくれる人』

『素敵なパートナー』
であるかのようなファンタジーも
まかり通っています。

 

 

 

 

”私はこんなに我慢しているのに
他の人たちばかり楽しんでいて
(実際はそう思わされているだけですが)
私だけが損をしている”
という気持ちになり、

 

 

 

「目の前のパートナーに欲情しない」

「この人とは愛しあえない」
(理想の夫婦ではない)

 

 

 

という思い込みを強め、
ますます目の前のパートナーから
受け取れなくなるという
負の循環が出来上がります。

 

 

 

でも本当は、
快楽ではなく、
『さらけ出せるか?』
が重要な鍵です。

 

 

 

「今、変な顔になってないかな?」

「こんな自分を出して嫌われないかな?」

 

 

 

そんな風に
自分を守っている意識のときって、
感じている暇がないんです。

 

 

 

 

「結婚相手じゃなくて、
浮気相手にならさらけ出せるけど」
と思っている方もいるかもしれませんが、
それは”部分的に”であって、
実際に素の自分を
出している度合いで言ったら、
結婚相手の方が圧倒的に多いはずです。

 

 

 

お互いに信頼して委ね合い、
さらけ出せるセックスをしていたら
夫婦関係は深く満たされます。

 

 

 

 

そうなってくると、
日常会話等の、
セックス以外のコミュニケーションも
より深く満たされたものになっていきます。

 

 

 

 

もしも今、
「目の前のパートナーに欲情しない」

「この人とは愛しあえない」
(理想の夫婦ではない)
と思っている方がいたら、
日頃、無意識の内に
今の世の中に浸透している
『正しい夫婦(こうあるべき)』に、
自分を合わせようとしてきたかもしれない
という可能性について、
一度自身の内側に問いかけてみてください。

 

 

 

 

これからの時代、
その基準はもう、
私たちが新しく
作っていく時代です。

 

 

 

 

せっかくご縁が繋がって
夫婦になった
大切なパートナーとの結婚生活。
たとえ今がどんな状態でも、
目の前の相手とのセックスに欲情できて、
ますます満たされ合うパートナーシップを
育んでいきたい方は是非、
勇気を出して一度私にご相談くださいね^^

 

 

 

 

〜新メニュー公開しました😊〜
『まんまる婚』実践コーチング

↓こんな方にオススメです
☑︎よその夫婦の方がしあわせに見える方
☑︎夫婦のセックスが苦痛な方
☑︎相手を信じたいのに信じられない方

※詳細はこちらからご覧ください✨
https://www.reservestock.jp/pc_reserves_v2/courses/360
 

 

 

 

〜読む度に気付きが深まるコラムや
クライアントの皆さんの体験談を
1日おきに配信してます^^〜
【今日もまんまる。】
https://www.reservestock.jp/subscribe/159086

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

 

 

〜まんまる婚をはじめよう〜
まんまるパートナーシップコーチ
小川 幸子

 

☆『正しい夫婦』に捉われがちな女性を解放
☆『契約』から『信頼』へ、新しい結婚のカタチを提唱
☆夫婦のセックスレス改善
☆旦那さんがどんどん稼げるようになる奥さん養成
☆個人セッション&講座やってます

【予約アドレス】
https://www.reservestock.jp/pc_reserves_v2/courses/360

〜プロアカウントでの投稿はじめました〜
【Instagram】
https://www.instagram.com/sachikogawa/

Top