「私はこんなに頑張ってるのにどうしてアナタは変わってくれないの?!」

「私はこんなに頑張ってるのにどうしてアナタは変わってくれないの?!」

by ogawa

こんばんは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。

 

 

 

 

今日のタイトルは、
私の元にご相談に訪れる
クライアントの皆さんの
心の叫びの1つです。

 

 

 

 

実はコレ、
我が家でも何度もありましたし、
特にこの女性側の気持ち、
ものすっごくよく分かります。。

 

 

 

 

「私はこんなにも
自分と向き合っているのに、
彼は全く自分と向き合おうとしない」

 

 

 

「私のことをしあわせに
してくれるんじゃなかったの?!」

 

 

 

「どうして私のことを
大切にしてくれないの?!」

 

 

 

 

言葉でも無言の態度でも、
夫を責めて責めて攻撃して・・・
そしてその度に、
倍返し以上の反撃を喰らい(笑)、
お互いに貝のように心を閉ざしたり、
足の引っ張り合いをしたり、
心が離れていったり・・・
という修羅場をも繰り返してきて、
ようやく分かったことがあります💡

 

 

 

 

当時はまったく無自覚でしたが、
コレは突き詰めてみると、

”自分は変わりたくないままで、
相手だけを変えようとしていたんだな”

ということです。

 

 

 

 

その状態で、
女性が頭の中で
「コレが欲しい!」
と訴えることに対して、
男性は大抵、反発します。

 

 

 

 

以前はその反発に対して、
「きっと私のことを愛していないからだ」
と解釈していた時がありましたが、
その段階を夫婦で乗り越えた今、
実は全然違うということが
腑に落ちてきました。

 

 

 

 

男性のその反発は決して、
パートナーの女性を愛していない
という意味ではないんです。

 

 

 

 

むしろ、その逆です。

 

 

 

 

なぜなら、
女性の方が、
本来の命の流れや
自分の内側の中心に繋がって、
そこから湧き上がる愛やビジョンを
素直に伝えられるようになると、
ビックリするほど、
男性はパートナーの女性に
付いてくるようになるからです。

 

 

 

 

そして、
その女性側の変化は
魂の望みでもあって、
パートナーの男性の
愛が深ければ深いほど、
そちらを後押ししてくれるんです。
 

 

 

『どこの家庭でも
 女性の変化に男性が付いてくる』

 

 

 

 

これは、
私たち夫婦もそうでしたし、
周りのカップルや夫婦を見ていても、
やっぱりそうなんだな〜と
感じさせられる真理の1つです。

 

 

 

 

〜パートナーと『競争』ではなく
       『共創』していく
    新しい結婚はじめませんか?〜

ご好評をいただいております継続コーチングに、
お1人お1人の進捗やタイミングに応じた、
最適な講座やワークを組み合わせた
個別のオーダーメイドプログラムを開始します!

詳細は追ってご案内いたしますので、
あと少しお待ちくださいませ。

~個別のご相談はこちらから〜
☆個人セッション(オンライン・対面)
https://www.reservestock.jp/pc_reserves_v2/courses/360

 

 

 

 

〜あなた自身にとってのしあわせな結婚を
後押しするためのヒントが満載です😊〜
【今日もまんまる。】
https://www.reservestock.jp/subscribe/159086

 

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

 

 

〜まんまる婚をはじめよう〜
パートナーシップ専門コーチ
小川 幸子

Top