『出会い』よりも『自分の受け取り方』が大事なんだと気付きました

『出会い』よりも『自分の受け取り方』が大事なんだと気付きました

by ogawa

 

『過去の私は、

 出会いがたくさんあれば結婚できると思っていました。

 

 

 だから、

 誘われるままパーティーに行ったり、

 出会いの数を増やした時期がありました。

 

 

 でもその中で、

 「出会っても結婚できるわけじゃない」と分かって、

 幸子さんの継続コーチングを受けようと思いました。

 

 

 結局は、

 『出会い』よりも

 『自分の受け取り方』なんだと気付いたんです。

 

 

 相応しい人が目の前にいても、

 自分のことがわからないままだと、

 「この人は相応しくない」と突っぱねてしまう。

 

 

 セッションを通して、

 自分で自分のことを知りながら、

 特に《自分が繰り返している癖》を

 自覚できるようになったことは

 私にとって出会いの数を増やす以上に

 相応しいパートナーとの結婚に至る近道でした。

 

 

 私の場合はコーチング期間中には、

 パートナーとのお付き合いはありませんでしたが、

 その後も定期的に単発セッションを受け続けて、

 今のパートナーとのお付き合いがスタートしました。

 

 

 その彼は、

 もし幸子さんの継続コーチングを受けなかったら、

 絶対に選ばなかった人でした。

 

 

 なぜなら、

 同じ職場の人だからです。

 

 

 私の中では、

 同じ職場の人とお付き合いをすると、

 周りの目を気にしたり、

 別れた後が面倒だったり、

 何かと大変だという前提がありました。

 

 

 でも、

 継続コーチングを通して、

 「相手に本音を言わない自分の癖」

 =

 「相手のことも自分のことも信頼していない」

 という気付きを得ていたので、

 この時は勇気を出して、

 彼とのお付き合いが始まるその時に、

 職場恋愛に対する不安があることを

 素直に伝えました。

 

 

 彼は私の不安を受け止めてくれて、

 「恋愛は最後、

  できれば結婚したい。」

 と答えてくれました。

 

 

 それは、

 私が一番望んでいた対応でもありました。

 

 

 お付き合い期間中にも

 紆余曲折はありましたが、

 先月無事に彼と結婚し、

 私は今月いっぱいで

 職場を退社することになりました。

 

 

 かつて、

 「自分が本当に出会えるのか?」

 「結婚できるのか?」

 不安だった頃の私は、

 「35歳を過ぎると3%しか結婚できなくなる」

 という根拠の無い噂を信じて、

 勝手に焦りを感じていたことがありました。

 

 

 でも、

 37歳で結婚した今だから言えるのは、

 「35歳を過ぎると3%しか結婚できなくなる」

 これはウソ!だということです。

 

 

 そんな噂を信じて、

 闇雲に出会ってどうにかしようとするよりも、

 『自分の癖』を自覚したり、

 パートナーを受け入れる準備をするために

 自分と向き合うことの方が大切だという気付きを

 周りの人たちにも伝えています。

 

                   30代女性 Mさん

 

 

・セミナー1回
・グループコーチング2回
・継続コーチング1クール(9回)
・対面セッション2回
・ファミリーコンステレーション1dayワークショップ1回 受講』

Top