仕事も恋愛も続けることが困難でしたが、今は順調に彼との関係を育んでいます

仕事も恋愛も続けることが困難でしたが、今は順調に彼との関係を育んでいます

by ogawa

 

『深い関係性を築けるパートナーと出会い
 結婚をしたいと願いながら、
 出会いがあっても先に進まない・
 打ち切ってしまうパターンがありました。

 

 コミュニケーションを大事にしたいと思いながら本音を言えない
 (どちらかというと「言わない」)ということも。

 望みながら逃げようとする自分の中の矛盾が、
 両親との関係性に由来しているものだと感じていました。

 

 お世話になっていたカウンセラーとのセッションで
 その原理が明らかになりましたが、
 体験・実感してみたくて参加いたしました。

 

 ワークショップ後、
 一番の大きな変化は父親との関わり方で
 今まで感じていた緊張感や警戒心が
 いつの間にかとれている今日このごろです。

 

 父に対しては、
 「深入りすると攻撃される、嫌われる」
 という警戒心が常にありました。

 

 そのためごく普通の会話もぎこちなく、
 牽制し合ってきました。

 

 それが、ワークが展開するに従って
 父を眺める自分の心境に変化が出始め、
 最後に祖父と祖母やルーツをバックにした構成の中で
 父の存在を見たときには感動がありました。

 

 「私の父親でいてくれてありがとう」、
 と感謝と敬意が自然に溢れてくる感覚は、
 生まれて初めての体験です。

 

 これを体験できなかったら、
 ずっと牽制し合いながらの親子関係だったと思います。

 

 今このタイミングで気付かせてもらえて
 本当に良かったです。

 

 また、
 ある方の母親の代理人をしたことで、
 私自身の母との関係性での思い違いをはっきり認識できました。

 

 母役で本人と向き合った時、
 私(=母)を見る彼女の表情が冷ややかで
 ものすごく寂しく切ない思いをしました。

 

 役だけでもこんな感覚を持つなら、
 本物はどれほどだろうと…。

 

 「母歴40年数年」と「母歴0年、ただの娘」
 私はこのシンプルな事実を認識していなかったようです。
 というか認識したくなかったことに気付きました。

 

 国籍的なアイデンティティも
 しっくりこないもどかしさも、
 最近少しずつハッキリし始めてきました。

 

 日本、韓国、どちらにも属していない中途半端さがコンプレックスで
 アイデンティティにも心許なさがありましたが、
 私にとってはすごく大きな発見があり、
 重荷だった要素が逆にスペシャルなことに思えてきました。

 

 最近は全てひっくるめて
 自分が愛しくなるような感覚があり、
 今までなかった「命の流れをつなげたい」
 という欲求も生まれてきています。

 

 それ以外でも起こるできごとへの捉え方や
 反応が変わってきていて、
 貴重な体験をさせてもらえたと思っています。

 

 はじめてのファミリー・コンステレーション体験で、
 特に代理人になった時に何をどうするか
 具体的に把握しておらず戸惑うかなと思っていました。

 

 が、どうしようかと思ったのも一瞬、
 不思議と周りの方の動きや気配に反応して
 スタンスを選んでいることが驚きでした。

 

 現象や概念までも
 代理人として座に取り込まれること、
 代理人の設定、
 展開していく中での幸子さんの問いかけなど
 ひとつひとつが興味深かったです。

 

 代理人として参加するだけでも気付きが多く、
 自分の問題と奥底では繋がっている役に
 なれたことも良かったです。

 

 参加させて頂き、本当にありがとうございました。

 

                   30代後半女性 Yさん』

 

※ワークショップの1ヶ月後、
Yさんから、

 「お父さんの紹介で出会った男性と
お付き合いをスタートすることになりました」

 というご報告をいただきました。

 それまでは相手が誰であっても
続けるということが困難だったそうですが、
今回お付き合いがスタートした方とは、
半年後の現在も

 「順調に続いていて、
これからも深めていきたいです」

 という喜びの声をいただきました。

・ファミリーコンステレーション1dayワークショップ1回
・対面個人セッション1回 受講

Top